GOLDEN NIGHTが好きすぎてつらい

宮野真守さんのあれこれについて。GOLDEN NIGHTが好きすぎる病気にかかっています。

【お題箱消化】Fight for loveで動画をつくってみた

ツイッターのお題箱でいただいていたリクエスト第二弾です。いただいたお題は、Fight for loveのワンフレーズ「それでも不安な気持ち分かるよ 未来を変えたいと思うから 君が振り返ればいつもここにいるから さぁ行け!!」です。

音は消してアップしているので、脳内再生お願いします。。。

コンセプトは、濃いめのピンクでシンプルだけどポップな印象が残るような……そんなかんじのものをイメージしています。なので色は少なめに、アイコンを使って一部だけ動かすようにして、切り替えに紙芝居っぽいものを連想できるようにしてみました。

 

動画制作はスペトラ以来でしたが、わりかし楽しくつくれました!ピンクの色味だけでわりと満足している……。お題のリクエストありがとうございました!

続きはまたも個人的な制作メモ。

続きを読む

【お題箱消化】白昼夢でDMっぽいものをつくってみた

ツイッターのお題箱でいただいていたリクエストでつくったものを載せます。今回いただいたお題は、白昼夢の「途切れた道 先がないなら そこから道をつくればいい」のワンフレーズです。

f:id:GOLDENNIGHT:20170917235336p:plain

ちょっと凝ったDMとかだとたまーにお菓子のパッケージを開けるときみたく切り取り線が入っているものがあるのですが、今回はそのかたちを盛り込んだDM風の印刷物をつくりました。

歌詞の印象から、「切り開く」みたいなものをイメージしたかったので、それを印刷物で表現するには?ということを考えてつくっています。

f:id:GOLDENNIGHT:20170917235424p:plain

f:id:GOLDENNIGHT:20170917235519p:plain

ぺりっとめくれば「道」がつくれました!

f:id:GOLDENNIGHT:20170918000008p:plain

中身の黄色の紙、本当は銀色の紙が家にあったのでそれを使いたかったんですが、家庭用インクジェットではやはり色が乗らず……。

f:id:GOLDENNIGHT:20170918000300p:plain

銀色にするとまた印象が変わってかっこいいんだけどなあ。

 

お題を募って制作したのは初でしたが、人からいただいたフレーズに対して考えてみるのも楽しかったです!リクエストいただいた方、ありがとうございました。

LOVING!ツアー初参戦前夜に考えていること

深夜2時です。明日はLOVING!初参戦です。

2か月前からこの日に休みを申請して楽しみにしていたのに、案件が燃えてます。いつもマモに会う前後でなぜか案件が燃える。なぜ?

終電まで残業して走って電車に乗り込んで、ようやっとわたしのLOVING!なんですが、そういえば1年前のMIXING!も仕事で精神崩壊しかけていた時期だったので、前日に号泣してからの開幕だったなあとか、電車に揺られている間にいろいろと思い出しました。

 

気持ちの整理整頓をするために、マモの話ではなく完全に自分の話をします。

続きを読む

別ジャンルのフォロワーさんと推しキャラコーデのプレゼンオフ会をしました

企画が立ったときからずっとずっと楽しみにしていたオフ会をしました。タイトル通りですが、仲良くさせていただいているフォロワーさんのひとり、ワートリ民のかもこさん(以下、かもちゃん)と自分の推しキャラや推しCPなどなどをイメージしたコーディネートでオフ会を開いて、プレゼンしようじゃない!という主旨のカオスな会を開催したので、そのまとめを書きます。

 

◆メンバー

  1. わたし   推しCPの黄黒ちゃんをメインテーマにGOLDEN NIGHTを少し。
  2. かもちゃん 推しキャラのワートリ遊真くんをメインテーマに。

かもちゃんはおお振りでつながったわりと長い付き合いの相互フォロワーさんですが、それ以外はあまりジャンルがかぶっていなくて、今はお互い別ジャンルをメインに追いかけています。が、手作りとか雑貨とかが好きなので好みは近い(と思っている)。あと、黄黒色のグッズを見つけるのがうまい。なんなら一緒にお買い物してたらわたしより先に見つけてる。

ちなみにかもちゃんは黄黒を知っていて、わたしは全くのワートリ初心者だったのでこの機会にかもちゃんの推しの子を教えてもらおうといったかんじでした。

 

◆ルール

  1. オフ会当日は自分の推しコーディネート+そのプレゼン資料をなんでもいいので持参する。
  2. 買ったものをSNSに載せるのはOKだが、全身のコーディネートは当日まで内緒。
  3. あくまで公式のイメージが必ずしも正と捉えるのではなく、このオフ会ではお互いの「好き!」へのこだわりを大事にして広い心で受け止める!(実はこれがいちばんミソ)

 

会場に選んだのは某ホテルのラウンジで、なんとめっちゃおしゃれなアフタヌーンティー。ゆっくりおいしいものをいただきながら愛する推しの話をしようという空間の配慮。もちろん内容も内容なので大きい声で話すのはNGですが、ホテルなだけあって個室ではないものの席のパーソナルスペースが広かったので、大きい声を出さなければ他のお客さんには声が届かないし広くてとても良い空間でした。

f:id:GOLDENNIGHT:20170910000637j:plain

さすがホテルスイーツ…おいしすぎた……。

f:id:GOLDENNIGHT:20170910000850j:plain

飲み物は複数の種類の紅茶・コーヒーから選べたんですが、「バニラ」という文字が目に入って即決でした。黒子っちの好物なので。同じ種類であれば何度でもおかわり自由だったのですが、何回おかわりしても本当においしい。レモンやミルクもご用意できますと言われたけど、全部ストレートで飲めてしまったくらいには味も香りも淹れたそのままが最高だったのでずっとストレートでいただいてました。

 

食レポか?

本題にいきましょう。

 

結論からすると、お互いのコーディネートはこんなかんじでした!

f:id:GOLDENNIGHT:20170910001817j:plain

左がわたし、右がかもちゃんです。

待ち合わせ時点ではお互い身につけている服やアクセサリーになんとなく意味があるんだろうな〜ということは察することはできても、実際にどういう視点でそれを選んできたかというところを伝え合うのがこの会のミソです。

ここでメインのふたりプレゼン大会。まずは先攻・かもちゃんのターン。

f:id:GOLDENNIGHT:20170910154930j:plain

f:id:GOLDENNIGHT:20170910154939j:plain

まず、このプレゼン資料を渡された時点でだいぶ感動していたわたしの気持ちを察していただけますでしょうか……。載せてOKとのことだったので、この写真だけ掲載させてもらいます。ぜひぜひこれはもっとご本人自身からの発信でいろんな人に見てもらいたい!本当に愛にあふれた資料だったから!

簡単に何が書かれていたかご紹介します。

  • どんなコーデにしたか。
  • そもそもこのコーデのイメージ元になっている遊真くんってどんな子なのか。(わたしがワートリ初心者だったので)
  • それを踏まえて、このコーデを選んだ理由。かもちゃんはキャラの持つ色を軸にして、いちばん遊真くんらしさが出ると感じた配色をそれはもうこだわりをもって考えていました。
  • 他にも、「こんなものに遊真みを感じるよ!」という紹介。ひとりのキャラから連想される様々なアイテムを、かもちゃんの視点で解説されたものだったので独自性とその人だけが見ている世界観に触れることができるものでした。
  • ワートリ初心者に向けたざっくり相関図。キャラが多いというのは知っていたけど、主人公が4人もいたとは知らなかった…。この1枚からは沼に引きずりこもうとする妖怪的な何かを感じたよ!!!!!

わたしはとにかく小物単位で集めてなんでもかんでもコーデに取り入れてしまう傾向があるのですが、かもちゃんの場合は全身の配色バランスにこだわって表現していて、これも個性だなと思いました。このプレゼン資料を読めば、先ほどのコーデ全体写真でなぜかもちゃんが靴下の赤色を主張していたかが分かるんですよ……。本当にクオリティもボリュームも素晴らしくて感動しました。何より、かもちゃんのこだわりとキャラへの愛情や考え方に少しでも触れられた気がしたことが嬉しかった!

 

そして後攻・わたしのターン。

f:id:GOLDENNIGHT:20170910004925p:plain

今回は「黄黒×GOLDEN NIGHTコーディネート」をテーマに、雑誌風に1枚つくっていきました。キャッチとか文言は深夜に雑誌っぽくなるようにノリノリで書いたものだから許して〜〜〜!わたしもあんまり見直してないから何書いたか詳細には覚えてない!でも楽しかった!

内容的には、わたしのプレゼン資料はなぜその小物を選んだのかをかる〜〜〜く説明しています。

  • スカートは推しの黄黒色が入ってるよ。
  • 黄色のかすみ草のピアスは、どこかの世界線で黄瀬くんもしくは黒子っちがプロポーズするときに添えられた花だったらという妄想から。(花言葉調べてないけどNGの花言葉だった気がするのでもう見ません!!!)
  • ゴールドの指輪は、オーダーの際に内側に「GN(GOLDEN NIGHTの意)」と彫っていただきました。この指輪はデザイン上1箇所ひねりが入っているんですが、なんとなくそれが真上から見ると交わっているように見えます。報われない恋の運命のふたりが、いつか結ばれますようにと願う気持ちで選びました。

参考にさせてもらったとあるファッション誌にはさんでみた。

f:id:GOLDENNIGHT:20170910010120j:plain

f:id:GOLDENNIGHT:20170910010131j:plain

f:id:GOLDENNIGHT:20170910010138j:plain

優雅にお茶を楽しみながら推しの話やプレゼン資料の話ができて本当に楽しかったです……。

今回の開催は当事者間では大成功だったのですが、やってみて少し思ったことは「意外とジャンルが違う沼民との方が成功しそう」ということ。言うなれば公式イメージよりも自分の中の推しイメージを広げて提示するわけなので、マイナーな楽しみ方になると思います。仮に同じ沼の同士だったとしたら、解釈違いが起こったときにお互い受け入れられればOKなのですが、どうしても腑に落ちなかったときに変な空気で過ごすことになったらせっかくの会が台無しなので……。相手の世界観をのぞかせてもらう!くらいの心持ちがいちばんお互い幸せに過ごせるミソかと思います。

そしてねかもちゃん、気になってたんだけど、プレゼン資料に2回ほどあった「生きて……」ってこの子死んじゃうんですかね………?推しが亡くなってしまう傾向にある友人がいるので、そんな軽く聞けませんでした。どういうことなの…。

 

あと、これは余談なんですが、たまたま立ち寄ったお店で黒バスのパネルを発見して、なんと黄瀬くんと黄黒コーデが撮れてしまいました。

f:id:GOLDENNIGHT:20170910012755j:plain

見つけた瞬間に全力でかもちゃん呼んで撮ってもらった。まじで黄黒コーデじゃないですか?

次回開催は冬予定!また内容を練る準備期間ですが、今からとっても楽しみです!かもちゃん、ありがとうございました〜〜〜!!!

LOVING!のツアーグッズをつくってみた

いよいよ宮野さんのライブツアー「LOVING!」が来週から始まりますね。残念ながら初日の岡山はチケットが取れず、わたしは大阪初日からの参加になりますが今からとっっっても楽しみです!

さて、前回は公式がツアーのデザインを出す前に自分の想像だけでチケットをつくったので、まったくデザインが似ていなかったわけですが、今回は公式のデザインを踏襲してちょっとしたグッズをつくってみました。

前回はこちら。

golden-night.hatenablog.com

 

今回はこんなのをつくりました。

f:id:GOLDENNIGHT:20170827143811j:plainf:id:GOLDENNIGHT:20170827143832j:plain

箱!です。

コンセプトはこのとおり。(※この画像すんごいグレーだと思うのでひっそり消すかもしれない)

f:id:GOLDENNIGHT:20170827143947j:plain

MAMO MEMO BOXに対抗して(?)LOVING! BOXです。LOVING!という名の愛の箱(ツアー会場とかそういった意味と掛けてる)に集められたオーディエンス。びっくり箱ともとれるような宮野さんのライブには夢と愛がいっぱい!その箱はあけてみないとどんなものが入っているのか分からないけれど、あけたらきっと愛がたっくさんつまっている!ということで、

f:id:GOLDENNIGHT:20170827144426j:plain

箱をあけると愛(ハート)がつまってます。ハートの数は、アルバム「THE LOVE」の収録曲数に合わせて12個入っています。本当にグッズにするなら、大方このハートはキャンディーとか飴とかそういうのになると思いますが今回はただのハート型クッション材です。

そしてこの箱の特徴は、箱の形がちょっと特徴的なので上と下の組み合わせで柄が変わるところです。

f:id:GOLDENNIGHT:20170827144802j:plainf:id:GOLDENNIGHT:20170827144759j:plainf:id:GOLDENNIGHT:20170827144803j:plain

くるっと一回転。

いつもはあまり公式のデザインをそのまま使うのを避けているんですが、今回は柄だけグッズページで使われていたものを真似っこさせてもらいました。チケットデザインとは違って今回は公式に寄せたイメージでつくりたいなと思っていたので。ただ、ロゴやキャラクターまで使ってしまうと一気に公式に寄りすぎてしまうので、そこは控えて大人かわいいイメージになるように抑えました。

「愛」がテーマなのに、アルバムのブックレットやグッズのデザインにハートがまったく使われていないのはきっと意図的で、宮野さんがアルバム制作のインタビューで答えていた「いわゆるラブソング集にはしたくなかった」という考えも関係しているのではと思っているのですが、わたしはハートモチーフ好きですし宮野さんにもいっぱい贈りたいな〜と思っているのでバンバン使いますね。許して。

f:id:GOLDENNIGHT:20170827145748j:plain

なお、こちらツアー初日の自宅会場限定販売グッズとなっております!!!みなさん楽しみましょうね!

続きを読む

友人にレターセットを贈りました

宮野真守とぜんっぜん関係ないんですが、つくったものは写真を撮ってブログにまとめてから制作おしまい、のフローができあがってきているので、個人制作物のまとめを。。。

大学時代の友人Yちゃん(とても優秀で良い子だがしゃべると思慮深いタイプのおたく)をイメージしてつくったレターセットです。

f:id:GOLDENNIGHT:20170819161452j:plainf:id:GOLDENNIGHT:20170819162018j:plain

 モチーフに使ったお花はレンゲソウで、彼女の誕生花です。モチーフを選ぶときに、最近お花を素材に使うことが好きで、彼女は春生まれなので春のお花を使いたいなと思っていろいろ調べましたが、レンゲソウ花言葉「あなたと一緒なら苦痛がやわらぐ」「心がやわらぐ」がちょうど彼女にぴったりだと思ってそのまま採用しちゃいました。

とても人望も信頼も厚くて優秀!でも天才的な優秀さではなく、毎日物事に真摯に向かってコツコツ積み上げた努力ゆえの優秀さだとみんな知っているから、人望も信頼も厚い。そして人が困ってたり悩んでたりすると、その立場まで降りてきて一緒に考えてくれるところが彼女の長所だということが、話していると分かります。宮野さんじゃん!(怒られそう)

とは言え、おたく面ではだいぶ思慮深い考察と解釈をしたがるタイプのおたくなので、結構やばいおたくだな〜って思ってます(褒めてる)。

 

わたしが大好きなYちゃんの思い出リスト

  • わたしが宮野さんの握手会に当たって、GOLDEN NIGHTのイメージポスカに書いたGOLDEN NIGHTへの想いを読んでYちゃん「不覚にもめっちゃ感動した」
  • 握手会後にラジスマに送ったメールが読まれて報告したときのYちゃん「めっちゃ笑ったし彼氏にも聞かせた。いまだに定期的にあの回だけ聞いてる」
  • あまりに自然に「ラジスマ」と口にする非マモクラのYちゃん
  • GOLDEN NIGHTの英語歌詞部分の和訳が秀逸なYちゃん「嫌々とりかかったけど案外楽しんでしまいました」
  • 文面おたくゆえに、THE LOVEの紙面デザインを見たYちゃん「ひらがなの使い方ほんま性癖ゴリゴリやな」
  • GOLDEN NIGHTポスカを送りつけたときのYちゃん「部屋に飾りました。狂いっぷりを肴に友達と酒飲んだ」
  • わたしが布教したGOLDEN NIGHTの振りを完全に覚えたYちゃん「友達に布教して踊れるように教育しました。褒めてください」

 

まだまだあるけどマモ関係ある話だけでも結構あって笑う。ともあれ、これからもよろしくねYちゃん!!!!!

f:id:GOLDENNIGHT:20170819165410j:plain念のためお名前入れたところぼかし入れましたぬりぬり

LOVING!のプレ公演チケット(仮)をつくってみた

このブログを開設してから昨日でちょうど半年だったそうです。はてなさんから半年記念日メールがきました(笑)

そしてこのタイミングで、宮野さんの次のツアーLOVING!のグッズ公開きましたね〜!わたしの思い描いていたLOVING!とはだいぶ違ってましたが…(笑)

goods.miyanomamoru.com

遊園地ー!ってかんじ。EVER LOVEが1曲目にきそうなグッズデザイン…でもでもでも、PASSAGEでもUNSTOPPABLEがライブでは1曲目ではなかったように、何か予想していないところでぶっこんでくるかもなぁとか思うと結局ライブに行くまで分からない、宮野真守のビックリ箱感。そして新しい公式キャラクター?で今回のグッズの主役らしい、ピエロみたいな子はスマイリークラウンさんというらしい。こいつもスマイルハートさんも全くいない中でこの子がほぼ全部のグッズにいるの、初めてグッズページ見たときはびっくりしたんですが、この子が今回のツアーでどういった立ち位置の子になるのかとてもドキドキ……。なので今回のツアーのグッズは、ライブ行ってからほしくなるタイプな気がします。ちょっとこの歳で持つにはかわいすぎる!(笑)

マモルミヤノはわたしより丸10歳年上なわけですが、この超絶ファンシーなグッズもきっと着こなして使いこなしてしまうんでしょうね知ってます……。

 

そして今回は、そんなLOVING!のチケットデザインを考えて実際につくってみました。これを考えていたのがグッズ公開の1週間前とかだったので、わたしが考えていたLOVING!と公式のLOVING!にだいぶ差があるわけですが…(笑)

「知らない」という免罪符を片手に、自分のLOVING!イメージはこれだ〜!と好き勝手つくってみました。せっかくなので印刷所に発注して、できあがったのがこちら。

f:id:GOLDENNIGHT:20170819152913j:plainf:id:GOLDENNIGHT:20170819153052j:plain左:裏 右:表

ツアーに行くシーンを想像して、FC特典のチケットホルダーに収めるとこんなかんじになりました。

f:id:GOLDENNIGHT:20170819153250j:plainf:id:GOLDENNIGHT:20170819153301j:plain

何気に楽しかったのが裏面の詳細内容。いろいろと団体名をもじったりして楽しかったです。個人的にお気に入りは非公式ファンクラブ「Meat & Protein」。

f:id:GOLDENNIGHT:20170819153743j:plainf:id:GOLDENNIGHT:20170819153818j:plain

あと、ちゃんと半券を切り取るための折り線が入っているので、ぺりっと切れます。

f:id:GOLDENNIGHT:20170819153943j:plainf:id:GOLDENNIGHT:20170819153939j:plain

やっぱりちゃんと発注したものはきれいに仕上がって満足度も高いです。「餅は餅屋」って本当にその通りだと思っているので、自分がつくったものが二次創作だとしてもかわいい作品には変わりないですしきれいに仕上げてあげたい気持ちもあるので、多少お金がかかって在庫を抱えるとしても発注しちゃう……。

今回表面に入れた「愛はここでひとつになる」というフレーズ、今回のアルバムの肝になる「POWER OF LOVE」からお借りしたのですが、この最初のワンフレーズに宮野さんの確信と宣言と断言とあふれんばかりのついてこい感がつまってるの、好きすぎる。自信と愛にあふれたこのフレーズのとおり、間違いなく愛がひとつになるツアーになるんだろうなと今からわくわくしています。

とりあえずわたしの初日は大阪1日目、それまで社畜がんばるぞ〜!

Space Travellersの10秒動画制作メモ

宮野さんのニューアルバム「THE LOVE」の中から一曲、Space Travellers(以下スペトラ)の衝撃が強すぎてずっと宇宙に連れ出されっぱなしです。

スペトラの中で特に耳に残っている部分が「ほら地球がまるく見える〜♪」のところなんですが、そこだけ自分の脳内にあるイメージをできる限りアウトプットして動画にしてみました。

映像はもともと少ししか触ったことがなくて、映像制作ソフトを触るのもだいぶ久しぶりだったので、今回は覚書として制作メモを残しておこうと思います。自分用メモなのでおもしろくないです、ここから下は読まなくて全然OKなやつです、すみません〜。

続きを読む

トロイメライをイメージしてつくってみた

先日Last Aroundのイメージグッズをつくってみましたが(下記参照)、あれから少しずつトロイメライのイメージも固まってきていたので、今回はトロイメライのイメージに挑戦。

golden-night.hatenablog.com

 

ツイッターの方ではぽつぽつツイートしていたのですが、Last Aroundの記事でも書いたように成本さんが書かれる宮野曲がそれはもうたまらなく好きで、定期的に脳内会議をしています。

成本さんの曲といえば比較的バラードや静寂が美しい曲が多いイメージです。なので初めて聴くと大半の人は他の攻めた曲調の曲だったり、ザ・宮野真守みたいな曲に最初は惹きつけられるのではと思うのですが、成本さんの曲はじっくりじっくりあたためて、大切に育てて聴くとじ〜〜〜んと胸にくるような、そんな曲が多い気がします。もう成本さんの曲の虜です。特に物事の例え方だったり言葉の言い回しだったりを歌詞に落とし込むセンスが本当に素晴らしい。語りだしたらキリがないのですが、トロイメライも個人的にものすごく「ここたまらん!」というポイントがあります。こちらも自分流の勝手な歌詞解釈なので、成本さんの意図に沿った解釈の仕方ができているのかは分からないですが説明します。

 

トロイメライ

個人的な解釈を要約すると、幼いときからずっと近くにいたふたりが成長するにあたって「当然のように一緒にいる」ことの難しさと願いを歌った曲かなと思っています。

それぞれの愛が したたる芽に しずくを落とすから

限りある時を忘れ 永遠を誓い合う 

 上記は1番のサビ前の歌詞ですが、まだ「芽」の状態であることがどことなく幼い頃の表現として使われているように感じます。漫画とかでよくあるような、昔からの幼馴染が互いに好きで、何の疑いもなくこのまま一緒にいると信じこんで100%相手を信頼している、そんなきれいな情景が頭に浮かびました。

でも、そのまま大人になれるなんてことなく。

透明な幻影 夢の中 幼いあなたは笑う

本当だね 変わらないね その笑顔は 

2番に入ってすぐの歌詞ですが、少し成長してお互いの間に見えない距離ができる様子が浮かびます。それでも記憶に残っているのはまだ正真正銘隣にいた頃の笑顔で、あの頃と気持ちは変わらないはずなのに、環境の変化と成長によってできた溝を示唆できるような表現。

それぞれの愛を つなぎあわせ 深い森を歩く

限りない空をあおぎ 何かに気付いてゆく

 「深い森」=未知の世界=ふたりだけの世界ではなくなったことを示しているとしたら、お互い一緒にいたいと思っているから、何とかつなぎあわせて模索するけれど、ふと空を見上げるととてつもなく世界は広くて、だんだんと生きていくにはずっとふたりだけの世界に留まっているんじゃだめなんだ、と気付いていく……。「空」っていろいろな比喩表現に使われますが、ここでは世間やふたりの関係の枠の外を示していて、ふたりでこの先もいたいのならばその枠を超えなければいけない、というようなことを言いたいのかなと想像しています。だとすると「深い森を歩く」は、ふたりの関係性の在り方を模索する期間(=思春期?)なのかも。

 

そんな解釈をもとにつくったものがこちら。

f:id:GOLDENNIGHT:20170812015438j:plainf:id:GOLDENNIGHT:20170812015440j:plain

重ねて1つの作品です。

1枚目と2枚目で、歌詞に合わせて世界の見え方が変わるような仕掛けにしたくて、こんなかたちにしてみました。

あと最近この曲を聴いて感動したのが、成本さんの歌詞のギミック……。Last Aroundもそうですけど、最初からラストにかけて曲の中のストーリーが進行していく様子があちこちに散りばめられているのはもちろん、表現のセンスに膝から崩れ落ちそうです。それがこちら。

それぞれの愛が したたる芽に しずくを落とすから

このフレーズがめちゃくちゃ好きなんですが、自分でも何がそんなに心に引っかかってるのか分からなくて考えてたら急に答えが出た。

「愛」って、平々凡々なボキャブラリーと想像力しか持ってないわたしみたいなのが想像すると、安直にたとえを「花」の方にしてしまいがちかと思うんですが、成本さんの詞だと愛=しずくの方なんですよね……。そして、愛は人と人が育てるものだから最初から花ではないんです、だから「芽」なんだきっと…。人が与えるべきはしずくの方、育てることなんですよね…。

成本さんご本人がこういった考えで歌詞を書かれたのかは分からないのですが、わたしはそう受け取りました。そしてたとえそうでなくても、ひとつの歌詞でこれだけ想像させてくれる成本さん、本当に素晴らしい人だと思います。

今回のアルバムには残念ながら参加されていなかったので、次のシングルこそは…!宮野さん、成本さんの曲待ってますよ!!!

恋されガールのイメージでメッセージカードをつくってみた

宮野真守さんニューアルバム「THE LOVE」発売おめでとうございます!!!!!ちょっと前だけど!!!!!

曲全体の感想はまた今度じっくりゆっくりまとめるとして、とりあえずわたしがズブズブ落ちたのはSpace Travellers(以下スペトラ)でした。恋されガールがタイトルからしてかなり期待値が高かったんですが、予想外にもスペトラにやられてしまってかれこれ100回近く宇宙旅行に連れ出されています………。

宇宙旅行に連れ去られている最中でも、今回のアルバムで最初につくったイメージグッズは恋されガールでしたが。あまり歌詞の意味とか深く考えずに、聴いた印象だけでぱぱっとつくってしまったのでいつものスタイルとは違いますが、せっかくなので載せます。

f:id:GOLDENNIGHT:20170807212540j:plainf:id:GOLDENNIGHT:20170807212542j:plainポイントはOMG!!

自宅でプリントしましたが、コンビニのネットプリントとかで写真サイズで出したらきれいに印刷できそうな予感。どなたかのご希望とかあれば考えます。

今はとにかくスペトラの一瞬の映像が脳内で回っているので、映像は専門外ですがなんとか欠片だけでもかたちにできればな〜と思っています。