GOLDEN NIGHTが好きすぎてつらい

GOLDEN NIGHTが好きすぎてつらい

宮野真守さんのGOLDEN NIGHT推し

EXCITING!のデザインチケットをつくってみた

ツアー初日までなんだかんだもうすぐですね。少し前に今回のベストアルバムに収録される新曲「EXCITING!」のMVがアップされましたが、これまた宮野さんのこれまでの曲のストックと並べると新しいかんじ。


宮野真守「EXCITING!」MUSIC VIDEO(Short Ver.)

LOVING!もピンクだったけど、EXCITING!はもっとビビッドな彩度が高い濃いピンクのイメージ。この歳であらゆるピンクが似合う宮野真守…若い……。色調もインスタっぽいですよね。宮野さん自身はSNS疎そうなのに、MVでこういう流行りのインスタ系の色調に加工されてたり、LOVING!の僕マニュの振り付けにインスタで流行ってるらしい指ハート(?)が入ってたり、さも自然に溶けこめるのに当の本人は実は疎い、みたいなギャップが好きで好きで……。

あと、個人的には衣装が好きです。あのダボっとしたジャケット、色もシルエットも好み。ふと思い出したけど、FCイベVol.4グッズのブロマイドにあったような、宮野さんがきれいめのトレンチコートを着てるビジュアルが好きなんですよね。美人OLが着てそうなやつ。わたしが宮野さんのブロマイドで最高って思うのが、たいていちょっと雌感がある美人・きれい・強い印象のビジュアルなんですが、人を惹きつけるような魅力を振りまいておいて絶対にこちらからは触らせないような雰囲気がすごい好きだ。かと思えば接近戦や不意打ちのファンサではそういう線をあっけなく越えてきたりするし、なまこ見たらダラダラゲラゲラしてる姿はただのちょっとかわいいおじさんおにいさんだし。話がめちゃくちゃ逸れたので戻ります。

 

実はLOVING!のときみたく、公式でライブのグッズやロゴなどのイメージが公開される前に、今回も自分だけで先に遊びたいなあと思ったので、MVが公開されてから自作デザインチケットをつくっていました。前回はこれ。

golden-night.hatenablog.com

MVを見てからイメージを練り始めて、水・木曜日の2日間でデザインデータを作って印刷所に入稿まで済ましていたんですが、その翌日の金曜日にはグッズのページが公開されたのでタイミング的にも良かったです。何も見てない期間に、自分なりのイメージを固めてつくる方が楽しいので。

そんなこんなで、今回はこんなかんじ。

f:id:GOLDENNIGHT:20180519233932j:plain

f:id:GOLDENNIGHT:20180519150742j:plain

f:id:GOLDENNIGHT:20180519233950j:plain

今回は初めてクラフトペーパーでオーダーしました。白地の紙だとシンプルすぎる仕上がりになったと思うんですが、クラフトペーパーにすることでシンプルだけどかわいくなった気がします。あと、色がきれいに出てて良かった!本当は特色印刷にしたかったんですが、オンデマンド印刷(少数部数のオーダーはオンデマンド印刷にしてます)だと特色印刷ができないので、ふつうにCMYKで発注しました。

f:id:GOLDENNIGHT:20180519150946j:plain

f:id:GOLDENNIGHT:20180519234003j:plain

裏面の詳細情報は前回のLOVING!チケットのものをほぼ流用しているので割愛。

f:id:GOLDENNIGHT:20180519234014j:plain

チケットなのでもちろん半券もぎれます。

 

もうすぐFC先行のチケットも届きそうなので楽しみですね〜。おそらくグッズページのヘッダーについてるロゴが入るんだろうな。

あと、目安箱っぽい役割でブログに今流行りのマシュマロ設置したのですが、そういえば返信できる場を持っていないという…。ツイッター垢あるんですがこのブログがオンオフごちゃまぜなので、なんか返信用のアカウントか別のページかなにか作ろうか悩み中。気長にお待ちください…メッセージくれた方ありがとうございました!

マモの楽曲のタイトルでロゴ制作の練習③

ロゴ制作の本番にそろそろ着手するので、前回掲載分から溜まった分をまとめて載せます(一部再掲あり)。

180422「GOLDEN NIGHT」

f:id:GOLDENNIGHT:20180504000613j:plain

ベストアルバムにGOLDEN NIGHTが入った嬉しさでつい…。

180422「MAMORU MIYANO presents M&M THE BEST

f:id:GOLDENNIGHT:20180504000722j:plain

ベストアルバムのジャケ写からイメージ

180429「Last Around」

f:id:GOLDENNIGHT:20180504000903j:plain

この曲からイメージしたショートムービー(妄想)のタイトルで出てきてほしいなと想像しながらつくった。どんなストーリーかは今度また別記事で書く…と思います…。

180429「恋されガール」

f:id:GOLDENNIGHT:20180504001122j:plain

曲調に合わせておちゃめっぽいかんじに。「恋」が顔に見える。ハートが5つ入ってるのはライブで宮野さんが振り付けレクチャーするときの「おおきなハート〜〜〜 ちっちゃいハート♡」をイメージしました。

180430「燦灯歌」

f:id:GOLDENNIGHT:20180504001206j:plain

f:id:GOLDENNIGHT:20180504001219p:plain

つくり直したので2パターン。沢城みゆきさんが「この曲で結婚する親友を見送った」とラジオでお話されていたのがすごく印象に残っていて、いろいろと思うところがあり今回つくりました。これもまた別記事で書きたい…。

180503「スーパーノヴァ

f:id:GOLDENNIGHT:20180504001709j:plain

これもつくってるときずっとライブの振りが頭の中で弾けまくってたやつです。振りからイメージしてつくりました。

 

以上!全部合わせると結構つくった気がします。練習のために始めたけど、なかなか楽しかったです。これからしばらくはちょっとお休みして、依頼分に集中する予定です。でもだいすきな成本さんシリーズは間でちょこちょこ進めたい!

印刷工程がない制作ってこれまであんまり積極的にしてこなかったので、色の調整とか手間とか諸々、すごい楽で手軽…。わたしはどちらかというと最終系が印刷物になる作品がすきなんですが、これはこれでいいなあと思いました。とても手軽で楽しい。

ちなみにわたしのお気に入りは「Splash Blue」「Now and Forever」「REFRAIN」あたりです。「Uhh」はライブ参加した人ならあの振りの動きや雰囲気が伝わるんじゃないかなあと勝手に思っているんですが、それも結構お気に入りです。誰かのお気に入りがあればいいな〜。

M&M THE BESTの創作ロゴカードをつくってみた

タイトルロゴ制作の練習をまだちまちまと続けております。今週はGW前で仕事がちょっとバタバタしていたので平日は制作できなかったのですが、宮野さんのベストアルバム「MAMORU MIYANO presents M&M THE BEST」のジャケ写発表があってから創作意欲が刺激されて、こちらも創作ロゴをつくりました。

f:id:GOLDENNIGHT:20180430151056j:plain

で、自分で結構気に入ってしまったので記念にカードにしました。印刷物にするにあたって細部のカーニングとか気になったところを手直ししたので、微妙に修正しています。

f:id:GOLDENNIGHT:20180430150309j:plain

f:id:GOLDENNIGHT:20180430150321j:plain

モーションタイポグラフィを使ったCMで使ってほしいロゴがテーマ。公式のロゴはシンプルなゴシック体でしたね。ジャケ写が鮮やかだからロゴは究極にシンプルでいいんだろうなきっと。わたしは個人的にですが、凛とした美しさがほしくて明朝体がいいなあと思いながらつくりました。

ロゴのまとめはまたもうちょっと溜まってから載せます〜。

M&M THE BESTにGOLDEN NIGHTが入るってよ!

ブログの更新率がここ数日高すぎる気がしますがお許しください。昨日のラジスマでのツアーとアルバム関連の大発表会、えらい大変なことになってましたが、先にこれだけ言いたい。

ファン投票から選ぶベストアルバムにGOLDEN NIGHTが入るってよ!!!!!!!!!!

嬉しい〜〜〜!めちゃくちゃ嬉しい!ここ数ヶ月の中で一番嬉しいかもしれない!ラジスマで発表されたときに収録される曲が順番に流れてくるんですが、最初バラードばっかりで非常に焦ったし冷や汗かいた…。リアルに「これ大丈夫か???」って自分で自分に聞いてしまった。GOLDEN NIGHTが流れてきたときにはもういろいろとダメで、震えと涙がしばらく止まらなかったです…本当に良かった…。

しかもDISC2にだけでなくDISC3にも入るらしい…ヒエ……。DISC3の方はMIXING!のGOLDEN NIGHTが入るそうです。こちらももちろん嬉しいけど、個人的にはゴリゴリ踊ってるGOLDEN NIGHTが入ってくれたら良かったなと思ってしまいました。とはいえ贅沢すぎるくらいなラインナップだったからもうなんでもいいよ!

すでに公式HPにも掲載されてますが、昨日発表されたベストアルバム収録曲の内容はこちら。

アルバムタイトルMAMORU MIYANO presents M&M THE BEST

 

DISC2 <SONGS BEST>
01 Kiss×Kiss
02 Not Alone
03 MOONLIGHT ※アンケ1位
04 Last Around
05 SUPER★SOUL
06 Beautiful Life
07 GOLDEN NIGHT
08 THANK YOU
09 FOREVER LULLABY
10 Identity
11 passage,
12 Gravity
13 EVER LOVE
14 POWER OF LOVE
15 そっと溶けてゆくように(新曲)
16 EXCITING!(新曲)

 

DISC3 <LIVE BEST>
01 Prologue -Rush and Fly- (AMAZING!)
02 Magic (AMAZING!) ※アンケ1位
03 FRONTIER (GENERATING!)
04 シャイン -Prince Mix- (LOVING!) 
05 NEW ORDER (AMAZING!)
06 Theme of AMAZING! (AMAZING!)
07 愛の詩~Ulyssesの宴~ (TRAVELING!)
08 Garnet (WAKENING!)
09 恋はホップステップジャンプ (FIGHTING!)
10 TRANSFORM (GENERATING!)
11 Happy Happy Birthday (WAKENING!)
12 IT'S THE TIME (BEGINNING!)
13 STY Non Stop Remix (MIXING!)
14 Crazy Wonder Night (MIXING!)
15 POWER OF LOVE (LOVING!)
16 GOLDEN NIGHT (MIXING!)

新曲としてEXCITING!という曲が収録されるそうで、クリエイターはSTY大先生。そしてその曲名がそのままツアータイトルになるそうです。このタイトルをすでにMIXING!の頃から決めてたっていうんだからおったまげた…。9周年にLOVING!をタイトルにした時点で10周年のことも見据えてそうなかんじだったけど、その前からだったのか…。

毎回思うけど、宮野さんのライブのコンセプトやテーマの設定が本当によくできてると思うのです。「宮野真守」という人生のシナリオに、こうもぴったり沿ったライブができるってもう芸術作品じゃないですか。前も何かに書きましたが、宮野さんのライブは毎回コンセプトが明確で、参加して実際に体感すると筋が通った感覚をもらえるのがとても気持ち良い。でもそれって各回だけの話じゃなくて、ツアーのタイトルを順番に並べて核となるテーマを見たときに、全体で見ても一本の道になるんですよ。宮野さんご自身が経験されたことだったり、得た成長を色褪せないうちにアウトプットする力がすごい。インプットしたものをアウトプットするまでの速さとか、それを人に伝える力の強さとか、タイミングとか、そういうのがファンにとっても新鮮なうちにアウトプットしてくれるので、いつも最新の宮野真守を追いかけられる。そして次の宮野真守も絶対に周りやファンの期待を裏切らない。それが宮野さんを追って、毎回ライブに行きたくなる一番の理由です。

話が逸れましたが、まあ〜〜〜〜〜とにかくそんな記念すべき10周年のベストアルバムにGOLDEN NIGHTが入るように微力ながらも貢献するのがわたしの使命だったわけです。DISC2に関しては、期間中の日数分は全部GOLDEN NIGHTに投票しました!DISC3は半分だけBEGINNING!のGOLDEN NIGHTに投票して、残りは他のものに投票しました。記録残してたのですが、こんなかんじ。

f:id:GOLDENNIGHT:20180422130114p:plain

DISC2の方はGOLDEN NIGHTにしか入れてないので他の票にわたしは関与していないのですが、ラインナップを見たらバラードが中心で結構納得。ライブで盛り上がったり目立つ曲ってもっと他にたくさんありますが、宮野さんのバラードってほんとに静かに良さがあるんですよね。声を大にして主張したりはしないけど、確実に聴き手の心に届く曲というか。反対にDISC3はライブでダンスが入るパフォーマンス性の高いものばかりで、ファンが宮野真守に何を求めてるかが結構色濃く出てる気がします。あと、「Prologue -Rush and Fly-」「Theme of AMAZING!」「恋はホップステップジャンプ」が入ってるのすごく嬉しい!ふつうサブになるような演出部分のところがランクインしてるところにマモライならではを感じるし、やっぱ良いものは良いんだって思う。AMAZING!のMagicが1位なのは本当に妥当というか、ですよね〜!わたしもあの幕が下りてMagicに入る一連の流れは完璧だと思うよ…。だからDISC3のしょっぱなにOP映像とMagicをセットで入れてくれて本当にありがとうございます。

 

そうそう、投票の話。投票画面に「1日1回」って書いてあったので、最初はその言葉のまま受け取って投票してたけど、ふと仕組みが気になったのでした。今回は誰でも投票できたので、ログイン情報は取らないけど前回の投票から丸24時間経たないと再投票できませんでした。なので、おそらくですがブラウザのCookie情報を使って前回ユーザーが完了画面に到達した時間から24時間経ったらリセットするという仕様だったんだと思います。てことは、他のブラウザ(端末)を使用する、もしくは同じブラウザでもCookieを削除して再度アクセスすれば、インターバルなしで再投票できます。実際たまに投票をし損ねてしまった日は、この手を使って期間中の日数分フル投票になるように調整したりもしました…それ以上はしてないから許せ…。こういう仕様、今後わたしも仕事で使う日が来たりするかもしれないので備忘録。

 

一晩経って、GOLDEN NIGHT収録が夢じゃなかったので、記念にロゴつくりました。GOLDEN NIGHTに対する思い入れが強すぎて、今までつくれなかった…。

f:id:GOLDENNIGHT:20180422134235j:plain

感無量。

マモの楽曲のタイトルでロゴ制作の練習②

ロゴ制作の練習として始めた「マモ楽曲のタイトルロゴ制作」がまた1週間分たまったのでブログにまとめて載せます。わたしにしてはいいペースで制作できてるぞ。

▼マモの楽曲のタイトルでロゴ制作の練習①

golden-night.hatenablog.com

180413「TRANSFORM」

f:id:GOLDENNIGHT:20180421011255j:plain

狼と満月

f:id:GOLDENNIGHT:20180421011335j:plain

こっちは完全にお遊びなのですが、TRANSFORMの歌詞の「どんなJewelryより惹き込まれる優しい視線」というフレーズがめちゃくちゃ好きなので、そういうコンセプトの化粧品ブランドとかあればいいなあと思ってできた妄想の産物です。綺麗になった女性のからの視線、ほしい!

180414「REFRAIN」

f:id:GOLDENNIGHT:20180421011613j:plain

「君の声が聞こえなくて」「僕の声が聞こえますか」「ここにいるよ」などのフレーズから、静寂にただただ声が響いている様子を思い浮かべながらつくりました。

180418「愛溢れる」

f:id:GOLDENNIGHT:20180421011829j:plain

この曲をつくられた油潮さんが、お子さんを授かった時期に書かれた曲だというイメージが強いので、人肌よりちょっと赤みとかピンクがかった色・いちごオレみたいな色にきらきら優しい光が漂っているようなイメージ。声に出してみたい日本語の良さがあると思っているので、発音したときの上げ下げをイメージした位置に文字を配置。

180418「逆さま地球」

f:id:GOLDENNIGHT:20180421012144j:plain

陽気で楽しげなイメージで、るんるんしてる感じが伝わればいいな〜。

180419「SUPER★SOUL」

f:id:GOLDENNIGHT:20180421012320j:plain

僕のポテンシャルならこんなもんじゃない!

わたしの頭の中では、赤の柄がチカチカ回ったり弾けたりしています。

180419「ヒカリ、ヒカル」

f:id:GOLDENNIGHT:20180421012509j:plain

ジャケットの光の中の満月のイメージに引っ張られてると思う。

180420「トロイメライ

f:id:GOLDENNIGHT:20180421012620j:plain

透明な幻影

 

明日ラジスマでツアータイトルと投票結果とベストアルバムの収録内容が発表されるんですって………。GOLDEN NIGHTに捧げた約1ヶ月が報われていることを願うばかりです。場合によっては旅に出ますので探さないでください。いや、やっぱり探してください。

第二回 推しコーデプレゼンオフ会をしました

またまたやってきました、推しをイメージしたコーディネートでオフ会を開いてプレゼンをする会=推しコーデプレゼンオフ会!今回は第二回目の開催で、メンバーがひとり増えましたヤッタネ!メンバーが増えたことによってさらに濃くマニアックな会になったので、まとめとしてレポを書きます。

 

◆前回のおさらい

golden-night.hatenablog.com

 

◆オフ会のテーマ

  1. ドレスコードあり。自分の推しキャラ・推しカプ・その他愛してやまない推しに関するものをイメージしたコーディネートで参加すること。
  2. 今回はそれに加えて、好きな言葉(歌詞のフレーズや小説の一節、なんでもOK)を掘り下げてプレゼンすることをテーマに設定。
  3. なんでもいいのでプレゼン資料を持参する。

前回と比べて新しく追加された要素が上記の②でした。

 

◆メンバー

  1. わたし   マモクラ、GNにお熱、黒バスの黄黒が好き。
  2. かもちゃん ワートリ民、創作の水彩画が素敵。
  3. あゆちゃん 今回の新メンバー。おお振りのオダカノ探求者。

年単位で付き合いのあるフォロワーさんです。知り合ったキッカケはおお振りだったので、メインジャンルが移れど共通言語はおお振りです。

 

今回の会場はカラオケのパセラさんです。あのハニトーで有名なカラオケです(1曲も歌ってないけど!)。前回のホテルスイーツは絶品でしたが、やはり空間としては個室で時間をあまり気にしないで話せるのはメリットとして大きいですね…。

ということで、早速本題にいきましょう。まずはそれぞれのコーデをドン!!!

かもちゃん

f:id:GOLDENNIGHT:20180416222944p:plain

ワートリの推しキャラ・小南ちゃんのイメージに似合う花を考えたときに、「チューリップだ!」という結論を出して、今回はチューリップをイメージしたコーデでした。

かもちゃんのコーデは全身の配色と素材感を大事にしていて、わたしにはない感覚なので前回も今回もうまくまとまっていてほんとすごいと思った!ネイルもただ赤く塗るのではなく、花びらに見えるようにわざと塗らない面積を作っていたり、花粉に見立てた黄色が入っていたりと、こだわりがたくさんで可愛かった〜!

わたし

f:id:GOLDENNIGHT:20180416223000p:plain

ちょっとテーマが難しいんですが…。わたしの推し曲・GOLDEN NIGHTの5周年を記念して自分で企画したお祝いパーティーにお呼ばれしたら着ていきたいコーデです!ほぼ創作かな…(^ω^)以前、実際に企画してお祝いした様子はこちら。

golden-night.hatenablog.com

ちょっと落ち着いた大人の女性を演出すべくワンピースをチョイスして、アクセサリーはGOLDEN NIGHTっぽさを感じたものをたくさんつけていきました。

あゆちゃん

f:id:GOLDENNIGHT:20180416222953p:plain

一番目からウロコだったのがこの方。彼女はおお振りのオダカノをそれはもう長いこと理想の形を探求しているマニアックな勉強熱心なおたくなのですが、説明聞いてびっくりしたよね…。

あゆちゃん「織田が着てそうな私服を着てきました。私ヒール履いたら叶たんと同じ身長になるんやけど、それを活かして“叶たんが織田の服を着たらこうなる”をテーマにしてきました。体格差的に絶対サイズでかいから、全体的にオーバーサイズで揃えてきた」

………あっ、えっ、君が叶たんだったの!?!?!?

推しカプコーデだっていうのに織田イメージのコーデでしか固めてきてなかったから不思議だったんですが、まさかの中身(精神)が叶たんだった。深い。

 

そんなこんなで幕を開けたオフ会、今回はコーデのプレゼンだけでなく、新しく設けたテーマ「好きな言葉(別名:性癖に刺さる言葉)」についてのプレゼンがあります。これまたおもしろかったので紹介します。

かもちゃん

言葉の引用:好きな漫画から、素敵なセリフをふたつ。

f:id:GOLDENNIGHT:20180416231157j:plain

f:id:GOLDENNIGHT:20180416231215j:plain

かもちゃんの選んだ言葉はどちらも感覚的なところがすごく優しくて、大事な人をきちんと大事にできるキャラたち(一見当たり前のように見えてこういうの難しいよね)が発するその何気ない言葉の中に、優しさや温かさが感じ取れる言葉が好きなんだろうなあと思いました。でもこういう言葉を選んでくることに対して「かもちゃんらしいなあ」と自然と思えてしまうから、本人もそれだけ普段から優しくて素敵な方なんですよ〜。

f:id:GOLDENNIGHT:20180416231801j:plain

かもちゃんにとっての「言葉」をイメージした作品を持ってきてくれました。かもちゃんが描いた水彩イラストー!毎度のことながら色使いがすごく素敵。かもちゃんが考える「言葉」を一言で表すと、「言葉は水のよう」だそうです。透明なそれを染めるのは自分自身、という解釈でわたしは受け取りました。深い!

わたし

言葉の引用:萌えたぎりまくった同人小説の中から、死にそうになったセリフや一文を抜粋。

f:id:GOLDENNIGHT:20180416232128j:plain

f:id:GOLDENNIGHT:20180520175655j:plain

せっかくなのでコーデに合わせて、チケットホルダーみたいなのをつくっていきました。わたしが持っているGOLDEN NIGHTみを感じるコーデをコラージュ風にしたデザインで、この中から当日のコーデも構成しています。

f:id:GOLDENNIGHT:20180416232508j:plainf:id:GOLDENNIGHT:20180416232655j:plain

チケットホルダーをパカッと開くと、カードが5枚入っています。計5作品、わたしが萌えたぎった同人小説のセリフや一文を愛情込めてプレゼンさせていただきましたよ、ええ…。冷静になって考えてみるとヤバい人だったけどご清聴ありがとうございました。

あゆちゃん

言葉の引用:オダカノから連想する言葉、歌詞のフレーズ。

f:id:GOLDENNIGHT:20180416232855j:plain

あゆちゃんは理想のオダカノを追い求める探求者なのですが(わたしの印象です)、何度でも言いますがすごく妄想が具体的なんですよ。今回もあゆちゃんの中のオダカノの概念からプレゼンが始まりました。

f:id:GOLDENNIGHT:20180416233455j:plain

3つのキーワードからそれぞれオダカノのイメージをプレゼンしてくれるのですが、黄色のカードは「オダカノの概念」、左下のカードは「恋慕という言葉から解説するオダカノの恋愛観」、右下のカードは「UVER WORLDのLONE WOLFに重ねるオダカノイメージソング」の3本立てでした。この中でも一番びっくりしたのが黄色のカード。

あゆちゃん「私の考えるオダカノのいる風景っていうのは、だいたい時刻が19時頃の薄暗い感じの街並みで、気温8℃、湿度70%くらいの〜(略)」

かもちゃん「気温……」

ワイ氏「湿度……」

あゆちゃんの考えるオダカノはすごく現実感のある温度を持ったオダカノというかんじがします。本当にどこかその街にいそうな気さえする。丁寧にプレゼンしてくれるので、気持ち的に寄り添いやすくて内容もカッチリしていて頭の中に描きやすいです。その隅々まで追求していく姿勢と考察力・想像力がとにかくすごい!オフ会に新しい風が吹きました。

 

メンバーが増えたことで人の考えに触れる機会が増えて、すごく楽しかったです!その分マニアック度も上がった気がするけど……(笑)テーマを設けてプレゼンするのがやるのも聞くのもめちゃくちゃ楽しいので、次回もまた何か考えましょう〜。ありがとうございました!

マモの楽曲のタイトルでロゴ制作の練習①

仲良くしてもらっているフォロワーさんから、ありがたいことに素敵なお話をいただけて、スキルアップのためロゴ制作の練習をしようと思い立ったのが今週中頃。あまり時間をかけすぎず数をこなすことを目的に、テーマにマモの楽曲のタイトルを使わせてもらっています。

数がたまってきたら定期的にブログにも載せていこうと思うので、今回はその第一弾です。

180409「そっと溶けてゆくように」

f:id:GOLDENNIGHT:20180413150021j:image

「溶ける」イメージ

180409「Secrest Line」

f:id:GOLDENNIGHT:20180413150108j:image

夜と真実 秘密のライン

180410「Garnet」

f:id:GOLDENNIGHT:20180413150155j:image

ナイフのような雨

180411「Gravity」

f:id:GOLDENNIGHT:20180413150234j:image

背景色はライブのバックモニターの映像からイメージ

180412「Splash Blue」

f:id:GOLDENNIGHT:20180413150554j:image

曲が持つ爽やかで夏っぽいイメージで

180412「僕のマニュアル」

f:id:GOLDENNIGHT:20180413150659j:image

猫とマニュアル本のモチーフを入れて

140412「Uhh」

f:id:GOLDENNIGHT:20180413150750j:image

ライブの演出で鳥の鳴き声と波の音が入っていたのでそのイメージと、ふにゃんとした部分はダンスの振り付けをイメージ

180412「白昼夢」

f:id:GOLDENNIGHT:20180413150931j:image

ふと立ち止まったときに夢中になってきた日々が非現実的に感じたりする、一瞬のモノクロの世界を漂っているようなイメージ

180413「Now and Forever」

f:id:GOLDENNIGHT:20180413151325j:image

配色はライブの照明をイメージに、NowとForeverの真反対の単語は書体で表現

 

最初の方はフォーマットを決めていなかったので、使ったフォント名を入れ忘れてます…。でも今のところ結構楽しく練習できてます!いつまで続くかわかりませんが、たまったらまたブログに載せます。

【無配】電話メモ

PCのデータを漁っていたら、自分が新社会人になったばかりの頃につくった電話メモが出てきたので置いておきます。クリックして出てきた画像を右クリック→自分のPCに保存→印刷→点線部分でカットして好きにお使いください〜。

※画像をそのまま印刷すると画質が粗くなってしまうため、使用方法は下記で。

画像上のURLをクリック→遷移した画面上で印刷(もしくはPCにDL)→印刷したら点線部分でカット

 

わたしの会社は1年目の社員が電話をとるので、慣れるまではこういう電話メモに頼ってました。慣れてくると付箋にぱぱっとメモするくらいで対応できるようになるのですが、電話が苦手な方には少し助けになるかもです。

こういうメモは検索したらいろいろ出てくるけど、なんとなく自分好みのシンプルかわいいかんじのがほしくて自作したやつ。2種類あります。誰かのお役に立てれば嬉しいです。

 

▼項目が多いけどでかい

https://goldennight.web.fc2.com/contents/180401_telephonememo/01.pdf

f:id:GOLDENNIGHT:20180401005529j:plain

▼簡易版

https://goldennight.web.fc2.com/contents/180401_telephonememo/02.pdf

f:id:GOLDENNIGHT:20180401005531j:plain

簡易版の方がサイズ的にも多分使いやすいです。

GOLDEN NIGHTの魅力についてプレゼンします

3月4日から宮野さんのベストアルバムの投票が始まって早半月。わたしはGOLDEN NIGHTが格別好きなひとりのファンとして、毎日GOLDEN NIGHTに投票し続けているわけですが、今こそGOLDEN NIGHTの魅力をもっとプレゼンすべきなのでは?という謎の使命感に駆られてこの記事を書いています。

どうしてもベストアルバムのDISC2に収録されてほしいんです。自分の贔屓目なしにしても、ライブであんなに盛り上がるんだからDISC2のその一枠にどうかどうかGOLDEN NIGHTが入っていてほしい。その一心で、微力ながらわたしが考えるGOLDEN NIGHTの魅力をお伝えするため綴っていこうと思います。

 

(※以下、わたしの個人的な解釈を大いに含んだ内容になっています。完全に非公式です。これを読んでどう考えるかは自由ですが、わたしも考えることは自由だと思って綴っているので嫌な予感がする方は回れ右でお願いします。)

 

GOLDEN NIGHTのここが好き!耳に残るアップテンポなメロディー

最初に言っておくと、わたしは音楽を聴くのは好きですが知識や技術は人並みどころか並以下…いや皆無に近いので、専門知識は何もないですし感覚でしゃべります。頑張って汲み取ってください…。

GOLDEN NIGHTの作曲はTSUGEさんという宮野さんに楽曲提供されているクリエイターさんの中ではお馴染みの方なのですが、骨までズシズシくる重低音とデジタル音が特徴のクラブミュージックっぽい音楽を得意とされている印象です。これはGOLDEN NIGHTに限らず他の曲にも当てはまるわたしの印象ですが、TSUGEさんのつくられる曲って、ものすごくライブでも盛り上がるしかっこいい曲調が多いのですが、その中に絶妙に切なさを感じさせる音を織り交ぜられているものが多いと思うのです。

GOLDEN NIGHTで言うと、サビ前の「愛しい君を〜(略)」から入る「タン タン タン タン」っていう高い音(ギター?)と、サビで入ってくるキーボードらしき「ターーーラーーラーーーラーーーーーラーーー」っていう高い音。特に後者はそう主張が強くなく控えめに入ってくる音であるにも関わらず、重低音の暗闇の中に差し込んだ一筋の光のような、きれいで透き通った音なんですよね…。どんな闇にも染まらない美しさを感じる。それでいて、なんだか儚くて切ない。

この音についてもう少し深堀りしていくと、わたしはGOLDEN NIGHTを報われない恋の歌だと思っていて(これについてはまた後で詳しく書きます)、歌詞になぞらえて「君(①)」と「僕(②)」についてこの音に当てはめるとこうなるんじゃないかとイメージしています。

  1. 「タン タン タン タン」は「君」のイメージ:何色にも染まらない凛とした強さと美しさ
  2. 「ターーーラーーラーーーラーーーーーラーーー」は「僕」のイメージ:そんな「君」に惹かれる恋心、そしてそれが報われない切なさ(=つまりこれは片想いの音なのでは…)

ただ、この音がこんなにも際立って映えるのはメインの重低音があってこそだと思っていて。①の方は、この音が入る直前で一旦重低音がピタッと止まるんですよ。そこで「僕の前に運命を揺るがす君が現れたんやこれ…出会ってしまった…」って思ってます。ボカロ好き視点で言うとメルトの「恋に落ちる音がした」がまさにこれです。ニュアンスを合わせると「恋に堕とされる唯一に出会った」って感じですけど。

ここまで書いて何言ってんだろうって自分でも客観視するとこわいんですが、勢いでこのままいきます。

 

GOLDEN NIGHTのここが好き!曲が進行するにつれて明らかになるストーリー

このブログでは過去の記事で散々書いてきているんですが、まとめるとGOLDEN NIGHTって実は報われない恋の歌なんじゃないか?ということです。

GOLDEN NIGHTは一見なにも考えずに聞き流すとアップテンポなノリやすい曲で、ライブでも盛り上がるし、振り付けは扇子を振り回してにぎやかに楽しむ曲だし、とにかく盛り上がりたい場に打って付けな曲調。ただ、ちょっと気をつけて歌詞を読むと「あれっ…ヤンデレっぽくない…?」という印象を受けると思います。ヤンデレ属性が好きな人には本当に、一度歌詞をなぞって読むのをおすすめします。

ここからはわたしの個人的な解釈になるのですが、GOLDEN NIGHTはヤンデレっぽいけど実は誰の心にもある独占欲と、報われない恋への嘆き・切なさが溢れた曲なんじゃないかと思っています。

GOLDEN NIGHTの歌詞ってすごく良くできていると思っていて、その理由としては曲が進むにつれて「僕」と「君」の関係性とストーリーが見えてくるからです。

歌詞を見ると、1番は僕と君の関係だけをこちらに提示してくれるような歌詞になっているので、「離れられない運命なんだって そうわかるでしょ」や「逃げないで」というフレーズに対して、僕がただただ病的なまでに君に執着しているから(つまりヤンデレ)君がこわくなって逃げる素振りをしたのかな〜というふわっとした想像でとどまるのですが、2番に進むとそれが裏返ります。

突然「ないものねだり そんなんじゃないんだよ」と入ってくる。これって執着している相手本人から言われた台詞とは考えにくいので、僕の周りにいる第三者から何かふたりの関係について言われたのかなと想像しています。それに対して僕は「君のことなら全部わかってるんだって」とか「君のためならなんだってできるよ」とか、その不安を払拭するように、自分に言い聞かせるようなフレーズが続く。その最後に「この世界には君と僕だけいればいいのさ」で英文歌詞に入っていきますが、本当にふたりだけの世界が築けていると思っている人間はそんなこと言わないと思う…。つまり、ここでの僕の台詞らしき歌詞から読み取るに、すべてその反対の状態が現実なのではないかと思うのです。

1番は強気な態度で僕が攻めていく歌詞がヤンデレ感を強調させていますが、2番でそういった裏側の背景を想像していくと、途端に報われない恋心を抱える僕の嘆きに聞こえてきてしまう…。

さらに、「愛しい君を〜(略)」の部分に注目して1番と2番の歌詞を見比べてみてください。1番は完全にふたりだけの世界で完結している印象を受けますが、2番は「他の誰も」という他者を連想させるワードが入ってきます。すると「僕だけに全てもっと委ねて」という歌詞の意味合いも、1番と2番では意味合いが変わってきます。

最後の大サビでは、「離れたくない永遠に」という歌詞があります。が、このフレーズ、1番の最初の方にも似たようなかたちで出てきていて、そのときは「離れられない運命」と謳われています。「離れられない運命」ってさも最初から決まっているような言い方をしていたのは僕のエゴで、本当は「離れたくない(つまり君が離れる未来もあり得る)」っていう現実がそのワードに込められているのではないのかと想像しています。

これと同じように、「逃げないで」というワードがいくつか散りばめられていますが最初は「僕の愛が重すぎて逃げるってこと?」という疑問から、最後には「君が別の人を想ってるから、僕の手から逃げないでってこと…?」という若干の確信に変わるのもこの曲のどんでん返しマジック。

そういった曲が進んでいくと明らかになっていくGOLDEN NIGHTのふたりの関係性がわたしは大好きで、何度も何度も歌詞をなぞっては何か汲み取れないかと躍起になってしまうのです。まだ何か仕掛けが隠れているかもしれないって、再生回数4桁になっても飽きずに聴き続けてしまう。もうこれは中毒なんじゃないだろうか…。

 

GOLDEN NIGHTのここが好き!最上級の告白文句の宝庫

これは完全に個人的な性癖ですが、GOLDEN NIGHTの歌詞って少女漫画を凌ぐほどの告白文句の宝庫だと思っているんですがわたしだけでしょうか…。

特に大大大大大好きなのはこれ。

ここにいる僕以上に 君をずっと愛せる人なんていないよ ねぇ

これだけ言わせるほどの想いの強さ!!!なのに相手はそれでも心に決めた人がいるのか、僕は報われなさそう!!!!!少女漫画だったら僕は完全に当て馬の方ですよね。最初は主人公だと思って聞いてたら当て馬の恋模様を見ていた気分。

あと、この部分の「ねぇ」の宮野さんの歌声が本当に本当に美しくも切なくて悲痛な叫びに聴こえて、全身が貫かれるような感覚になる。この「ねぇ」に、君への置いていかないでっていう気持ちとか、こっちを見てほしいって気持ちとか、そういうのが全部つまっている気がする。たった二文字にありったけの感情をつめこんでくれている気がしていて、GOLDEN NIGHTの中でもここが格別に好きです。

 

ここまで曲全体の歌詞解釈を綴ってきましたが、もっと詳細に書いたものがあるので興味がある方はこちらから見てください…。

golden-night.hatenablog.com

もう少し大きな枠で捉えて書いているのはこちらです。

golden-night.hatenablog.com

 

GOLDEN NIGHTのここが好き!ライブがとにかく楽しい

もうこれは円盤を観てもらうしかないので、もしまだ観たことないけど興味あるって方がいらっしゃれば、ぜひ購入してみてください。ちなみにツアー別のわたし的GOLDEN NIGHTの見どころをまとめたものはこちらです。

golden-night.hatenablog.com

書いた時期的にMIXING!千秋楽アンコールのGOLDEN NIGHTだけ書けていません、すみません…。個人的にはBEGINNING!のGOLDEN NIGHTが特別好きです。どれも魅力あるシーンは違うし大好きなのですが、やはり最初のGOLDEN NIGHTが原点になっていると思うので。

 

長々と綴ってきましたが、ここまで読んでくださった方はありがとうございました。元はと言えばこのブログもGOLDEN NIGHTへの愛を何かに吐き出したくてつくった場なので、少しでもGOLDEN NIGHTの魅力と愛が伝われば嬉しいです。

ULTRA FLY

ULTRA FLY

 

マモ活2018上半期に向けて

髑髏城のブログ記事を書いてから約1ヶ月も経ってしまった……。自分の作品制作は一旦お休みして、ごしょごしょ頼まれものをつくっていたりしたのですがそれはまた追々。

それよりも大変だ!!!!!髑髏城が終わったと思ったら次はベストアルバムにツアー開催決定だと!!?!?!?

宮野さんがわざわざ「ラジスマで重大発表があります」って言うくらいだからアルバムのことだけじゃなさそう〜…とは感じてましたが、本当に重大発表でしたね。みなさまもうご存知だとは思いますが、ラジスマの重大発表3つはこちら、ドン。

  1. ベストアルバムに収録される新曲「そっと溶けてゆくように」詳細発表
  2. ベストアルバムは宮野さんの35歳の誕生日2018年6月8日発売!ファンの投票で収録曲が選ばれるぞ!
  3. ツアー開催決定!なんとアリーナツアー……だと………!?

とりあえず上から1つずついきましょう。 

①新曲「そっと溶けてゆくように」

なんと由潮さん×TSUGEさんのコンビ曲らしいです。あの……そうです、GOLDEN NIGHTをこの世に生み出してくださった神コンビです。雰囲気からしてバラードですかね?春アニメでEDに使われるらしいので、きっとたくさんの人に聞いてもらえるはず…とりあえずありがとうありがとう。そしてアルバム発売を待たずして、この曲だけ先行してデジタル配信されるらしい。配信形態が3種類くらいあるみたいですが、宮野さんもラジオでスラッと言えてなかったサブスクリプションていうのは、要は月額いくら払えばそのサービスの定めている範囲で好きなだけいろんな曲が聴けますよ〜っていうサービスです。その中に今回の新曲も入ってるってことですね。あとはハイレゾ音源、すごく魅力的ですが、対応機種に制限があるのでやっぱりふつうにiTunesで購入することになりそうです。

②ベストアルバム

アルバムの情報来ると思ってたよ!思ってたけど……重要なのはファンの投票で収録曲が決まるということ…。 アルバムは3枚組で、1枚目にはこれまでのシングルの表題曲を収録、2枚目にはファンの投票から人気の高い曲を選出、3枚目にはこれまでのライブの中からこちらもファンの投票によって人気の高いものを映像として入れてもらえるみたいです。

ベストアルバムをつくるにあたって、こうしてファンにも参加権をくれる宮野沼、顧客満足度が高すぎる…。ありがたみを噛み締めながら詳細をチェックしたわけですが、ということは???GOLDEN NIGHTはULTRA FLYのカップリング曲なので、当然DISC1には収録されないわけで。問答無用で毎日GOLDEN NIGHTに投票する日々が始まりました。人気の高い曲なので、わたしが必死こいて投票しなくても入るような気はする……のですが、もし投票せずアルバムにも入っていなかったってなったときに一生後悔しそうなので、全力でGOLDEN NIGHTを推させていただきますとも。

DISC3の方には、今のところ2日に1回はBEGINNING!のGOLDEN NIGHTに投票しています。あとは他に好きなパフォーマンスを1票ずつ投票しています。難しいなと思うのが、自分の好きな曲と人に観てほしいと思うパフォーマスに少しズレがあるということ。どうせなら、今後誰かに宮野さんを知ってもらいたいと思ったときに、ベストアルバムだけ貸せば表題曲・人気曲・マモライのことがある程度網羅できるものになっていたらいいなあと思うのですが、その観点で考えると自分の好みだけの問題じゃなくなりますしね…。個人的にはVOICEとかめっちゃ好きなんですが、あれがマモライ全体の雰囲気を掴むのに必須な曲かと言えば、そうではない気がしますし…。なのでなるべくどちらも満たすものを選んで投票するつもりです。

とは言いつつ、GOLDEN NIGHTでBEGINNING!を選んでいるのは完全に好みですが。理由はただひとつ、BEGINNING!のGOLDEN NIGHTこそが原点だと思うから!わたしはBEGINNING!推しですが、GOLDEN NIGHTしばりで人気投票するとどのツアーのものが人気なんですかね。ちょっと気になる。

③アリーナツアー開催決定

個人的に宮野さんの活動でいちばんテンション上がるのがライブなので、本当に本当に嬉しいです……。ライブの予定ができればそれだけで日々の苦行もなんとか耐えられる。早くあの空間にまた行きたい…。日程は6月前半の土日にぎゅっとつまっていますが、アリーナツアーなので箱は大きいです。今回はなんとか全通したいので、チケットと休みを全力でもぎとります。いざ戦場へ。

あと個人的に気になるのはここでもですが、セトリにGOLDEN NIGHTを入れてくれるのか問題。今回はツアー初日がベストアルバム発売より先に来てしまうので、どのタイミングでベストアルバムの収録曲詳細が発表されるのか分かりませんが、ライブに行ってみないと分からない感。ぜひとも今回こそはGOLDEN NIGHTを入れてほしい……ライブで歌ってくれたら膝から崩れ落ちる自信はある(MIXING!千秋楽再び)。

 

そんなわけで、わりと必死に毎日GOLDEN NIGHT投票に捧げています。1日1回投票できるわけですが、投票にログインが必要なタイプではなかったということは、仕様上は厳密に言うと1回限定じゃないよなコレ……(突然の職業病)。とは言え、最終的に投票結果を見たうえで選出されるようなので、厳密な人気順でない限り1日1票でGOLDEN NIGHTを応援していくつもりです。

そして投票するようになってから、もしや今こそGOLDEN NIGHTの魅力をプレゼンすべきときなのでは?とひしひしと感じる今日この頃……。誰にとかそんなのは二の次なんですよ、とにかく行動しなければ!!!

いつもマモライ連番してくれる相方に「誰かしら入れるじゃダメなんですよ!!!自分で入れてみせるくらいじゃないと!!!!!」って喝を入れられたんですが、そのとおりですね…。

近いうちにGOLDEN NIGHTの魅力をまたブログに書きたい、いや、書くんだ。