GOLDEN NIGHTが好きすぎてつらい

宮野真守さんのあれこれについて。GOLDEN NIGHTが好きすぎる病気にかかっています。

「うたの☆プリンスさまっ♪マジ LOVE LIVE 6th STAGE」2日目に行ってきました

タイトルまんまですが、「うたの☆プリンスさまっ♪マジ LOVE LIVE 6th STAGE」の2日目に参加させていただきました。ありがたいことに3rdライブから毎回参加させていただいてます(チケットは毎回ほんとに戦争ですけど…)。今回の6thライブは2日目の参戦でした。

一言で言うと夢の国でした。夢の時間、夢の空間、そんな言葉が本当にぴったり。

今までどのライブに参加しても、もう今なら死んでもいいってくらい夢心地になっても、現実に戻るといろんなものに追いかけられて余韻もそう長持ちしないことが分かっているので、今自分のメモとしてプリライの感想を書いておこうと思います。全体レポはわたしの鳩頭から無理やり引き出すよりも他の方のツイートやレポを見た方が絶対に良いので、レポみたいに解説はせずにほんとに個人的な感想だけです。

 

---------------------------------------------------

・Be the light!

ステージに出てくるなり「今日はライブバージョンということで、HAYATOを連れてきました〜!!(うろおぼえ)」ってところから始まってHAYATOの振る舞いをするもんだから、もう叫びすぎてほぼ記憶が飛んでいる……。

わたし宮野真守のライブパフォーマンスに興味を持ったきっかけが3rdライブだったんですけど、当時ステージを心から楽しそうに駆け抜けた宮野真守を見て「HAYATOのことも全部乗り越えたトキヤだ…」って思ったのを思い出しました。正式にはこの曲をステージで歌えた今回のライブがそれに当たるのだろうけど、あの頃からきっと宮野さんは一貫してうたプリのステージにちゃんとHAYATOを連れてきてくれてたと思う。

席の位置的にトロッコが通ると結構近く見える位置で、腹チラ見てたはずなんですが本当に叫びすぎて記憶が飛んでる。とにかくかわいかったのは覚えてる。

 

・Give Me True Love

ペンラの色準備のために「次誰やろ?」ってぼそっと言ったら、一緒に行ったフォロワーがステージにダンサーが大人数配置ついてたのを見て「あんだけダンサー引き連れてるのレン様しかおらんやん」って言っててほんとにレン様だったから笑った。

あとセグウェイwwwwwwww使いこなせすぎててwwwwwwww足腰弱いからかなとか一瞬でも思ってごめんなさい。

 

・I swear…

ステージ上での水の演出がとにかく綺麗だった。この曲めっちゃいい曲だと思うんだけど、この人恋桜も歌ってたんだよなと思うとギャップがすごすぎて。

 

・Brilliant Days

まさかプリライにキッズが出てくるとは。そんなこと予想できるはずもなく、ふっつーにびっくりした。曲の終盤で突然「音也!」ってトキヤの声がして、音也くんが振り向くとスタリの面々がいてトキヤと抱き合うのジャスティスすぎる。プリライに来た人ほぼ全員最後の演出に感動したと思うけど、例に漏れずわたしも感動したしもう言葉が出ない…。一十木音也……幸せになってくれよ…。

 

・マジLOVE1000%→HE★VENS GATE

この流れメッチャクチャハッチャメチャ楽しかった…。ちょっと流れをきっちり覚えてなくて怪しいんだけど、歴代のプリライ映像とともにマジLOVE曲が流れて会場全体でコーレスするのがほんっっっとうに楽しかった…。息をするようにコーレスできるもんねうたプリ曲って。一体感が気持ちよかった。

からのHE★VENS GATEで爆発するかんじ…。「いいから〜(エンジェ〜ル♪)ついてこ〜い(エンジェ〜ル♪)」のとこで首の周りに手を回す振り付けがクソほど楽しかったです。

 

・HE★VENLY PARADE

この曲、今回のプリライでめっちゃすきになった!HE★VENSの曲ってダークな印象の曲が多い中でこの曲すごい穏やかだと思うんですが、今回のライブの流れにすごくマッチしてて良かった…。帰りの新幹線こればっか聴いてしまってたよ。

 

・Mighty Aura

全力で言いたい。宮野真守はめちゃくそかっこいい。

うたプリのポジションにおいて宮野さんはトキヤの役柄からしても常に完璧なパフォーマンスを求められていて、本人もそこに一切妥協していないから、誰かと比較してという次元にもはやいない…うたプリの場は常に自分への挑戦の場なんじゃないかと勝手に想像しています。そうやってトキヤのポテンシャルと向き合って磨き上げてきたパフォーマンスはいつも素晴らしくて惚れ惚れするんですが、今回いつもと違ったのが「宮野さんを追うポジションの人と一緒のステージをつくった」ということ。

前々から「マモちゃんが後輩育てようとしてる」みたいな話を他の声優さんの発言からチラチラ聞いてたけど、宮野さんが追う立場ではなく追われる立場になっているのがはっきり分かるようなステージを実際に見たのがわたし初めてだったんですよ。内田雄馬くんを導くように先にステージの花道を歩く宮野真守の優雅な歩く姿といったらもう最高にかっこよかった。本当にかっこよかった。内側から出る成熟した人間のオーラがすごかった…(?)。

プリライだけじゃないんですけど、わたし宮野さんのパフォーマンス見たときに「かっこいい」とか「かわいい」よりも「性的だ………(^o^)b」って印象の方が強く記憶に残るので、今回の「かっこいい」印象で埋め尽くされてるのは個人的に相当すごいことです。めちゃくちゃかっこよかった。

 

・NEXT DOOR

これだから寺島拓篤はすげぇんだよなあ!スタンディングオベーションするしかない。

音也担としてはアニメからずっとこの曲聴くのつらいし闇落ちした音也くんを見るのが本当につらくて、今でもあんまり見たくない…。少しでも救いになりたくて、ライブではひまわり(もちろん造花)を手に持ってたんですけど、ステージに現れたてらしーがアニメの音也くんみたく無表情・直立で歌ってて見るのほんとつらかった…。ライト振りたいけど心境が複雑すぎてただただひまわり振ってた。そこから光を取り戻す音也、てらしーの中で音也がちゃんと生きてた…。

 

・God's S.T.A.R→不滅のインフェルノ→WE ARE ST☆RISH!!

アニメのSSSをそのまま再現したセトリと、それにシンクロするようなプリンスたちのパフォーマンスと会場のプリンセスたち。この流れ入ったときの会場の爆発具合がすごかった。そしてWAS、めっちゃ感動するし泣けた。スタリ推しの方は分かってくれると思うんですけど、Welcome to UTA☆PRI world!!がずーっと大すきなんですよね。だからWASのあの「さぁ 今 キスよりすごい歌が本当にあったと分かる〜♪」のフレーズのところが大すきで。今までうたプリ追いかけてきて良かったと心から思いました。

---------------------------------------------------

 

書けてないものもありますが、以上がざっくりと曲に関する感想でした。ここから最後の挨拶のことを少し書きたいと思います。 

 

今回、2日目の最後の挨拶でプリンスのおじさんたちが次々泣いていたのを見てもう何も言葉が出なかった。詳細は割愛しますがこれだけ。

マモが、てらしーの挨拶をきっかけに最後号泣してて、最後のアンコール曲まるっと1曲分とステージからはける前の挨拶中ずっと泣いてたのがちょっと衝撃的でした。

マモって自分のライブやファンの前だと結構涙もろくて、泣いちゃうシーンを何度か見てるので(そんなところもかわいくて大すきなんですけど)、泣いちゃうこと自体はそんなに珍しいことじゃない。ただ、いつもは泣いちゃっても自分のステージだから自分が引っ張らないと成立しないわけで、そんなに長く(少なくとも1曲分まるっと)泣くなんてことこれまで見たことなかった。泣きすぎてトロッコの上で座りこんじゃって、ソロパートが来ても歌えないマモなんてレアすぎる…。

でもそうやって泣いてる間、てらしーがずっと背中ポンポンしたり笑わせようとしたり、大型犬よろしくマモを後ろから抱えて立たせようとしてたり、マジでルーレット組でした。トロッコがステージについてもまだ泣き止まなくて、みんなから遅れてトボトボ歩くマモの腰に手を回して一緒に歩くメンバーがほんとにプリンスたちそのものの行動に見えました。代わる代わるいろんなメンバーに慰められるマモを見ていてなんだか幸せな気持ちでした…。

 

マモってどの現場でも率先して引っ張っていく人なので、泣いちゃってもあんなフラフラになった姿をステージ上で晒すことなんてめったにないんです。でも、あのマモの姿を見て、うたプリの現場ってマモにとって良い意味で自分が引っ張らなくても成り立つって信頼できる仲間がいる場所なんだろうなと思った。そんなマモの居場所をこれからもなくしたくないし、ファンとして見ていたいので、早い話円盤買います。そして次のプリライも必ず行きますよ!

 

ありがとう うたの☆プリンスさまっ♪ !!!!!!!!!!

うたの☆プリンスさまっ♪ 最高!!!!!!!!!!