GOLDEN NIGHTが好きすぎてつらい

GOLDEN NIGHTが好きすぎてつらい

刺さったものだけひたすら書く

スペトラ炭酸アート 〜炭酸宇宙でTravellin' the space!〜

ーーー炭酸アートってなんやねん。

その答えを求めて、我々は宇宙に旅に出た。

 

 

 

まあ造語ですわ。

 

そう!今回はかなり久々に、趣味のつくってみた系のエントリになります。しかも今回はかなり実験作です。

結構長い間「こういうのつくってみたいなあ」というアイデアは頭の中にあったんですが、ツアーが始まってちょっとスランプっぽい時期にも差し掛かったりして、なかなか手が動かせなかったのが仙台公演を経てようやく手を付けられました。こういう制作物を俗になんと言うのか当てはまるものが見つからなかったので、自分で名付けて「炭酸アート」とタイトルとつけました。

 

今回の題材はこちら!みんな大好きSpace Travellersです。まずは完成物の写真。

f:id:GOLDENNIGHT:20190811122503j:plain

ペットボトルラベル(のようなもの)を使って、スペトラの世界観を再現してみる!が今回の制作テーマです。

※あやふやな記憶に頼ってラスボス描いてたんですが、いざ答え合わせするとラスボスの形状違ったっていう…許せ……。角が鹿ではなく鬼、口の端から髭みたいに伸びる角みたいなものがある、顔がわりと人間のおじいちゃん寄りが正解でした(泣)

ちなみに炭酸の泡がいい演出をしてくれる。

 

真正面はこんなん。

f:id:GOLDENNIGHT:20190811122922j:plain

市販で売っているなるべく表面に凹凸のないペットボトルを選んで、元々巻かれていたラベルを剥がして今回つくったものを代わりに巻きつけてます。

これで何を表現したかったかって言うと、LOVING!とBLAZING!のライブで観たスペトラの景色を手元でも観れないか?という実験。

 

ディテールの写真を貼っていきます。

f:id:GOLDENNIGHT:20190811123513j:plain

f:id:GOLDENNIGHT:20190811123644j:plain

写真で分かるかなこれ…ラベルの裏側に宇宙が広がってるんですが、前面は透明なので「ほら地球がまるく(蒼く)見える」の歌詞にリンクさせて、地球のような惑星が見えるようにしています。

ロケットの小窓をのぞきこめば、「流れ星とすれ違う」。その下には「天の川を見下ろして」が疑似体験できるデザインです。

f:id:GOLDENNIGHT:20190811123706j:plain

 

「同じ星で起きているLOVING!とBLAZING!のスペトラ」の世界観を出すにあたって、モチーフとしてロケットと敵対するヒーローを同じ星にのせました。どちらもライブの映像に出てくるシーンですね。

f:id:GOLDENNIGHT:20190811123854j:plain

f:id:GOLDENNIGHT:20190811123904j:plain

ライブでほんとうまくできてますよねこの対比…。どちらも同じ曲なのに、片やテーマがLOVING!のスペトラでは宇宙旅行的なハッピーが見えて、一方BLAZING!がテーマのスペトラだと人知れず暗躍している地球を守るヒーローっていう。同じ星の上にまったく境遇の違うふたつの景色が共存している、というのも今回デザインにしたかったポイントのうちのひとつです。

 

 

 

制作工程

さて、ここからは今回の制作でちょっと大変だったことの裏話的なことを残していきます。

今回この制作をしていていちばん思ったことは、「世の中のものってよく考えられてできてんだなあ」ということでした。そりゃそうでしょというツッコミは一旦しまっておいてくださいな。頭では分かってても手を動かすと本当に実感するので。

 

今回の制作は炭酸用のペットボトルで挑戦する、というのはわりと初期から決めてたんですね。理由としては「炭酸の泡がいい演出になりそう」と予想できていたことと、単純に炭酸用のペットボトルって形状が丸いので、巻きやすいだろうなと思って。ところが実際に買ってサイズを測ってみると、単に丸いって言っても微妙に同じ太さじゃないように調整されてることに気付きました。微妙な角度でくびれができてるんですよ、ペットボトルって。真ん中の方がなだらかに細くなってるんです。だから世の中のペットボトルラベルは熱を加えればペットボトルの形状に沿って縮小するシュリンクラベルを使って、ペットボトルのくびれにもきっちり沿うつくりになってるみたいです。よくできてますね〜。

シュリンクラベルで挑戦するのは個人の趣味だとちょっとハードルが高めだったので、今回はOHPフィルムにインクジェットプリンターで印刷する方法をとりました。実用性はまあ二の次なので…オッケーってことにしとこう。

というわけでデザインデータをつくって印刷してみたんですが、うっすいんですよ!前面のデザインが透けまくるから、絵柄がちゃんと見えない。これも調べたら、市販のラベルは絵柄を鮮明に見せたいところには先に白インクを乗せてからカラーインクを乗せてるそうで…。

でも普通の家庭用インクジェットプリンターで特色の白インク使うとか無理そうだな…と思ったので、代用品を考えて最初に思いついたのがマニキュア。百均で白にラメが入ったマニキュアを買って塗ってみた、ら!

f:id:GOLDENNIGHT:20190811130519j:plain

塗りムラがひどい!!!!!

これはこれでラメがいい感じにキラキラしていて良かったところもあったんですが、なんせ塗っている素材が透明なので塗りムラの汚さに目がいってしまう。手作業で筆を使う作業だと塗りムラをなくすのはなかなか難しいので、均一に塗れる方法をさらに考えたところ、シルクスクリーンで白インクを乗せる方法を思い付きました。

ということで、自宅でできるようにレトロ印刷さんのスリマッカキットを注文。

f:id:GOLDENNIGHT:20190811130937j:plain

一緒に白インクと版も注文して、ラベルの裏面にプリントしていきます。

f:id:GOLDENNIGHT:20190811131043j:plain

乾く前に作業しなきゃいけないので写真撮る暇なかったんですが、これはすべてが終わって乾かしているところ。

出来上がったラベルがこちら。

f:id:GOLDENNIGHT:20190811131148j:plain

白い紙の上に置いてるので分かりにくいですが、星の球体の裏に白インクが乗っています。

f:id:GOLDENNIGHT:20190811131315j:plain

こんな具合です。

両面テープをラベルの端に貼って、ペットボトルにくるっと巻いてくっつければ完成!今度こそいい感じになりました。

f:id:GOLDENNIGHT:20190811122503j:plain

Travellin' the space!

 

というわけで、若干詰めが甘いところやあんまり実用的でない面もありますがイメージしてたことはある程度できたと思うので、今回の制作はおしまいです。ここまで読んでくださってありがとうございました!

このエントリはBLAZING!兵庫公演の前に書いてるんですが、デザインに大いにネタバレが入っているがゆえに千秋楽までどこにも公開できないっていう……。前回のエントリを投稿してから1ヶ月以上経ってますが、ツアーの感想もこのエントリも下書きに溜めていっているのでツアー終了とともに公開したいと思います。これを読んでくださっている人はツアーが終了した時間軸にいる人なんだなあと思うと、未来に向けて今書いているのがちょっと不思議。ではでは!