GOLDEN NIGHTが好きすぎてつらい

GOLDEN NIGHTが好きすぎてつらい

刺さったものだけひたすら書く

「Never Friends」と「今夜だけ浮かれたかった」から探る歌詞読解のおもしろさ

ここ数ヶ月で少しずつハロプロの曲を聴くようになってから、歌詞の読解っておもしろいなあ〜と思ってぽつぽつツイートしていたことをここで整理してまとめを書こう!と思ったので、今回のエントリは「歌詞の読解について」がテーマです。

 

はじめに

最初の気付きはこれでした。

ハロプロ聴くようになってから気付いたんだけど、宮野さんのラブソングはいかに好きなのかということをいろんな比喩や感情表現を使って、ずーっと「好き」ってことただそれだけを伝えるのに集中した歌詞が多いから、歌詞の中にあんまり時間軸がなくてタイムフリーな曲が多い。

ハロプロは心情より行動にちなんだ歌詞が入ってる曲が多くて、歌詞に並んでる行動・事象から「なんでこうしたのか?」と心情を推測させることで歌詞に意味が通るパターンが結構多い。予備知識的なものもいる場合があるし、実はハードル高いんじゃないかなと思ったり。

つまり、宮野さんの曲に多いのは感情が先にあって、その感情がゆえにこうする(行動)というパターンが多い。一方、ここで書いたハロプロの歌詞は羅列している行動から心情を探るというパターンがよく見られると思います。後者については、感覚としては国語の問題を解くような感覚です。

これだけだとどういうイメージなのか掴みにくいと思うので、実際にそれぞれの歌詞をいくつか見ていきましょう。このエントリでは前者を感情派歌詞、後者を行動派歌詞と仮名称をつけて進めていきます。

 

感情派歌詞の読解

例として、宮野さんの新譜の中から「Never Friends」を取り上げてみます。歌詞全文はこちら。

www.utamap.com

 

この曲は場所や時間帯が比較的イメージしやすいのですが、ざっくり言うと片想いしている相手と夜に飲んでるんですよね。それで2番に「10PM」と時間の提示があるので、早くても夕方〜10時前後の間というほんの数時間のことを歌にしています。片想いしてる期間はもっと長いと思いますが、歌として切り取られた時間帯という切り口では数時間って短いですね…。

その数時間の間に主人公は何を歌にしているかというと、

  • 好きだから無防備に笑う君は僕を惑わせる
  • 好きだから「飲み過ぎたかも」って無邪気に潤んだ目で僕を見る君から目線逸らした
  • 好きだから朝まで溶け合いたい
  • 好きだからこうして今日も君に会いに来てしまう
  • 好きだから動き出す勇気さえあれば良いのに

…とまあこんなふうに、歌詞の頭に全部「好きだから」と付けても意味が通るんですね。1曲通してずっと「君が好き」という感情を歌っている歌詞になっていると思います。ふたりが会っている間に会話のやりとりや仕草に触れている歌詞もあるので、時間が流れてはいるんですが歌詞に乗ってくるフレーズはすべて「君が好き」という感情につながるものです。

この曲はまだ時間が流れてるけど、もっとタイムフリーになる例を挙げると「Last Around」や「ヒカリ、ヒカル」なんかもそうですね。ここらへんになるともう永続性の好きについて語ってる感じにすらなってきますが…。

こんなふうに、感情が先行して歌詞になっているようなパターンが宮野さんの曲には多いなあと思います。宮野さんのライブスタイルは乗せるものが歌という形であれ、その根本は「表現すること」が主軸になっている方なので、感情が先行する歌詞の方がそのスタイルにも合っているような気がしますね。

 

行動派歌詞の読解

このブログにたどりついてくれる方は宮野さんのファンの方がメインかと思います。こちらのパターンはあんまり見ないかもしれないのでちょっと丁寧に書いていきますね。

こちらで例として取り上げるのは、ハロプロつばきファクトリーというグループから「今夜だけ浮かれたかった」という曲です。いろいろあるけど分かりやすいと思うので。

www.utamap.com

youtu.be

 

こちらは夏の曲です。夏祭り(もしくは花火大会?)へ好きな人と友達と行く話になっているので、切り取られ方としてはこれも数時間の歌ですが、「Never Friends」に比べて圧倒的に行動ベースのフレーズが多い。歌詞を見ていただいたら気付くかと思うのですが、気持ちよりも行動だったり事象を表す言葉が並んでるんですよね。そしてこちらも好きな人へうまく気持ちが届かなかった歌なので、先ほどと同じように突き詰めていくと「好きだから」と付けられるんですが、直接つけても意味がうまく通らない箇所もあるので一筋縄ではいかない歌詞になっています。

一筋縄ではいかない、というのはどういうことか。ネバフレもこの曲も「好きだけど相手に想いを伝えられない」という部分は同じなので、先ほどと同じように歌詞の頭に「好きだから」をつけてみます。

好きだから→もっと近づきたいけれど→(   )→友達がいる夏がきらい

このカッコ書きのワンクッションを挟むところが「行動派歌詞」です。行動ベースで語られる歌詞にはその心情を推察することで歌詞の意味が深まります。このカッコ書きの部分、何かしら自分で想像力を働かせて埋めないと、すんなり意味が通る一文にはならない歌詞だと思いませんか?

好きだから→もっと近づきたいけれど→(友達がたくさんいて君とふたりきりになれないから)→友達がいる夏がきらい

おそらくですがこういうことですね。国語の読解問題みたいじゃないですか?こういうタイプの歌詞では、心情を表現するために事実や行動、事象を並べることで聴き手に推察させて、そこから「君が好き」という気持ちを伝えています。

  • 勇気だしてつけた香水 火薬の煙に消された
  • もっと近づきたいけれど 友達のいる夏がきらい
  • そっと触れてほしいけれど 汗ばんでるから夏がきらい
  • あの子との会話には 間なんかないな

香水のにおいが煙でかき消された、友達がいる・汗ばんでるのが嫌、あの子との会話は話題が尽きない……ここらへんの歌詞もほぼ起こった事実や事象です。ただの事象ですが、それが意図するところが「計画の通りにうまくいかない」ということで、そのうまくいかないという事象がそのまま好きな人との関係に投影されているという縮図になっています。

 

歌詞の性質をある程度説明できたところで次のステップです。

この曲の主人公がしたかったことって何なのか?という問いが、この曲の解釈が分かれるところです。結局のところ正解は作詞された方にしか分からないのかもしれませんが、有力説はふたつ。

  • 好きだと伝えたかった曲
  • 一線を超えたかった曲

ゴールが違うんですよね……。なぜ「一線を超えたかった曲」という解釈があるのかというと、以下の歌詞が理由になっています。

今夜だけ浮かれたかった 真面目心がじゃまをした
今夜だけ浮かれたかった 口を滑らすはずだった

今夜だけわがまま言えば あなたと見つめ合いたいよ
今夜だけわがまま言えば 星空を見なくて済んだ

ヒントはここです。

  • 告白するのみで「真面目心がじゃまをした」とまで言うか?
  • 「星空を見なくて済んだ」は、計画が成功していたら室内にいるはずだったから?(諸説あります)

幾度となく出てくる「このまま帰るの いや、いや…」がポーズの言葉ではなく本物の意味で書かれている、という解釈で進めると、ゴールは「一線を超えること」になります。


そしてこれは本当に国語の読解問題なんですが、

浴衣を着なかった理由
まぶたを刺す髪の毛

この理由とは何か。50字以内で記述せよ。

 

 

有力説アンサー
「浴衣はひとりで着られないから、今夜一線を超えたかった主人公はあえて浴衣を着なかった。」

 

これ、わたしは人の考察見るまで分からなかったんですよね……。

「まぶたを刺す前髪」はもっと解釈がたくさんあるので人によっていろいろです。わたしは「切りたての前髪=この日のために髪も整えて来た(浴衣を着てこなかったからと言って手を抜いたわけではないことの裏付け)」と思っています。他は髪を整髪料でセットしてるからとか、 あえて髪を下ろしてきたからとかがあったかな。

このエントリの冒頭で書いた「予備知識的なものがいる」とはこういうところを指します。予備知識というか、並べられた事実からそこまで推察できる想像力があるか?ということなんですが。わたしは祭りというシーンにこういう期待を抱いた経験が乏しいので、まったく思い浮かばなかった……。

 

ただ、経験がある人にとってはものすごく刺さるんじゃないかなあ。わたしは℃-uteの「人生はSTEP!」という曲のフレーズでものすごく身に覚えがあるフレーズが刺さります。

www.youtube.com

仕事はきちんと今日もこなした
誰かに褒められなくても まじめに日々重ねてる
楽をしてきたわけじゃないのに
いつの間にか低くなってた?
ヒールの高さ 思い描いた目標(ゆめ)

社会人になってすぐの頃に比べたらヒールのある靴も履かなくなったし必死さも薄れてきたな…と思う。物の物理的な高さと、意識的な高さを掛けてるところがまたうまいんですよね〜。

長くなりましたが、こういうところが行動派歌詞の読解でおもしろいなと思うところです。ハロプロのライブスタイルも分類するなら身一つで魅せるパフォーマンスに注力しているアイドルなので、行動で魅せるという歌詞のスタイルにも合ってるなあと思います。

 

 

おまけ

余談ですが、宮野さんのダンスの先生・YOKO先生はハロプロの曲もいくつか担当されていて、好きな振りが入っている曲を貼っときますね。

youtu.be

「ブランニューモーニン!」の振りとEXCITING!の「(覚悟はもうでき)てーるー」の振りのとこ、なぜか好きですね…。

 

youtu.be

あとこっちは脳内のハロプロヤクザがこれも貼れって言うので貼っときます…。これも振付YOKO先生。

 

最近結構モーニング娘。の曲聴くようになったからコンサート次も行きたいと思ってたけど、秋のツアーチケット取れなかったよ大阪!!!キャパ小さすぎでは!?!?