GOLDEN NIGHTが好きすぎてつらい

GOLDEN NIGHTが好きすぎてつらい

宮野真守さんのGOLDEN NIGHT推し

GOLDEN NIGHTはTRUST MEで報われるのか

ちょっと久々にGOLDEN NIGHTについての話。

宮野さんに沼ったきっかけがGOLDEN NIGHTだったこともあって、わたしにとってはGOLDEN NIGHTが宮野さんそのものの価値と同じくらいに思えるほど、大事に大事に思っている曲です。だからこそGOLDEN NIGHTは報われてほしい!!!あの終わりだからこそ美しいとかそういうのは一旦置いといて、ちゃんと最後には報われてほしい!!!そう思うのはだめなことなんでしょうか……。

他の方のGOLDEN NIGHTの考察をきちんと見聞きしたことがないのですが、ハッピーエンドだって思ってる人ってどれくらいいるんだろう。わたしは自分の解釈の中では、何回想像しても報われてないです。続く雰囲気を残しつつ、GOLDEN NIGHTの中だけでは片想いで終わっています。

golden-night.hatenablog.com

これとか、あるいはこれとか、考察も何度かしつつ。

golden-night.hatenablog.com

あの世界観を自分なりに表現したくて、ポストカードをつくってみたり。

golden-night.hatenablog.com

いろいろやりましたが、GOLDEN NIGHTはあれで完結しちゃだめだ、していないはずだという祈りにも似た思いで、どうにか幸せにしてあげたい。報われてほしい。救ってあげたい。

 

GOLDEN NIGHTの後続になり得る何かをずっとずっと待ってました。そして発売されたアルバム「FRONTIER」。期待していたTSUGEさんのナンバーが来ました。それが「TRUST ME」です。

FRONTIER 【初回限定盤CD+BD】

FRONTIER 【初回限定盤CD+BD】

 

歌詞を知らない方はこちら。

www.kasi-time.com

曲調はさすがTSUGEさん、攻めの姿勢を崩さないイケイケのメロディーです。作詞担当はGOLDEN NIGHTはucioさんという女性の方ですが、TRUST MEはWISEさんという男性の方です。ucioさんの歌詞では女性の感性も入るためか、どこか事が進展することに対する不安や相手への執着みたいなものが感じられる歌詞でしたが、WISEさんの歌詞は良い意味で欲がむき出しになったような強引さがあります。

そこらへんも相まってか、GOLDEN NIGHTで固まらなかった相手との関係をきっちり固める決意がこの曲にはあるような気がして、もしやこれ続編として想像することもできるのでは?と発売当初ひとり興奮していた記憶が……。

まず歌い出しに意思がハッキリしています。

そうさ君の手を取り 連れてくのさ

心開けば 欲しいものは すぐそこにある

GOLDEN NIGHTが相手が落ちてきてくれるのを待つ曲と見たら、TRUST MEは一線越えて奪う曲かなと思います。

また、こんな対比もおもしろいなと思っている点がいくつかあります。

GOLDEN NIGHT

 =すばらしい夜 という意味もある

僕だけに全てもっと委ねて

 

TRUST ME 

最高の夜がはじまるのさ もっと

さらけだしてよ

エゴイスティックもグロテスクも全部

GOLDEN NIGHT

こわがらないで

この世界には君と僕だけいればいいのさ

 

2人だけの世界へ迷い込もう(未来へ飛んでゆこう)

一緒にゆこう

 

TRUST ME

怖がらず境界線その向こう

 二人で超えてこう 

何かが少し通じているような気がしませんか?わたしはします。「すばらしい夜」が「最高の夜」になるのってそりゃ、ずっとずっと欲しかった人が本当の意味で手に入る瞬間なんじゃないですかね……。 

あとは単純に「いいよ 僕のせいにしてあげる」がめっちゃ好きです。なりふりかまってられないから欲しがる手段として出てくるのがこの言葉なら最高。GOLDEN NIGHTで同じ夜を繰り返している状態がずっとループしているなら、どこかで踏ん切りつけて「いいよ 僕のせいにしてあげる だから勇気出してこっちにおいで(ここまで落ちてこい)」という進展があることを願っています。

なんとなくGOLDEN NIGHTは報われないエンドに聴こえるのに、TRUST MEだと最後は意中の人を多少強引であったとしても振り向かせられたのかなと思わせてくれるエンド。そうこれが報われるってことやで………!

 

小説とかだと悲恋ものも好きでよく読みますが、やっぱり好きなものや人には幸せになってほしいし幸せにしてあげたいです。作品としては悲恋で完結するのが美しい終わり方だとしても、その先を想像する楽しみは受け手に与えられた自由だと信じて、今回やっとわたしの頭の中を書き綴ってみました。幸せになってくれ!