GOLDEN NIGHTが好きすぎてつらい

GOLDEN NIGHTが好きすぎてつらい

宮野真守さんのGOLDEN NIGHT推し

BEGINNING!〜MIXING!のGOLDEN NIGHT総評

おはこんにちばんはGOLDEN NIGHT

かれこれ数年間、毎日GOLDEN NIGHTを聴いて過ごしています。そもそも宮野真守沼への入り口がBEGINNING!のGOLDEN NIGHTのパフォーマンスを見たことからだったので、もちろんライブでのGOLDEN NIGHTはわたしにとって特別です。

実際にGOLDEN NIGHTのパフォーマンスを生で見たのはWAKENING!からで、それ以前のものは円盤でしか見たことがないのですが、各ライブで「こういう宮野真守が見たいならこのGOLDEN NIGHTがおすすめ」というこだわりがあるので、今回は自分の完全なる趣味を交えてブログを書きます。

 

BEGINNING!のGOLDEN NIGHTはやはり原点。これなしで今のGOLDEN NIGHTは成り立たない。

円盤での宮野さんを見る限り、声の調子がめちゃめちゃ良い(と思っている)。最近やらない名曲がたくさんセトリに入っているライブです。「EGOISTIC」のロングリミックスバージョンは何度見ても最高なんですが、とにかく良いのがバラードコーナー。特に絶対見てほしいのが「Beautiful Life」。歌い方にすごく感情がこもっていて、全身で伝える宮野さんの姿勢が素晴らしい。歌でここまで他人の優しさとか切なさが伝わるんだって感動した。

GOLDEN NIGHTはこのBEGINNING!で初披露だったのですが、びっくりするくらいここで宮野さんも客も出来上がっている…。このツアーに参加して全力でコール入れて振りをやった皆さんにはひとりひとりお礼を言って回りたいくらい。きっとこのときにこんなにGOLDEN NIGHTの空気が作り上げられていなかったら、たぶん今こんなに定番曲に近い位置づけになってなかったんじゃないでしょうか。

そしてBEGINNING!のGOLDEN NIGHTは、艶っぽさがあるのが最大の特徴だと思う。初披露ツアーだったので、宮野さんはそれはもうきっちりかっちりあの激しいダンスを披露しています。今までのライブで披露されたどのGOLDEN NIGHTよりも「きっちりとGOLDEN NIGHT」です。これ以降のGOLDEN NIGHTは手を抜いているという意味ではなく、最近のライブでは人気曲であるという安定感とド派手に盛り上がる曲という認識が宮野さんとファンの双方にあるので、なんとなくパフォーマンスに余裕を感じます。

しかも、あんなに激しいダンスなのにセトリが鬼なんですよ…。この頃はまだ体作りの発展途上中で、明らかに「バテてるな」と思わせるようなパフォーマンスはしない人ですがそれでも「限界のギリギリで全力のパフォーマンスだな」と思うくらいには攻めまくってます。それの何が良いかというと、限界スレスレでパフォーマンスしてる宮野さんが最高に色っぽいということ………。

 

特にすごいと思うのが、2番Aメロ、ダンサーに囲まれながら歌う宮野さん。(※イメージイラストでお届けします)

f:id:GOLDENNIGHT:20180625000742j:plain

「ないものねだり そんなんじゃないんだよ」色気がだだ漏れすぎてどうしよう。

初めて見たときはこれが振り付けだと思ってたのですが、これ以降同じ振りを見ないのでもしやこれはアドリブ………??え、この仕草が出てくる宮野真守一体なに……………?????

 

あと、BEGINNING!のGOLDEN NIGHTは照明にピンクや紫が多く使われていて、サビでは一気に客席ごと明るくなるんですが、暗いところにピンクとか紫の照明で照らされる宮野さんの色っぽさよ…。そういう演出部分でも、曲のイメージが定まった今ではなかなか見られない良さがあり、BEGINNING!が原点なんですよね。

 

TRAVELING!のGOLDEN NIGHTは一度きりのリミックスバージョン。通常のGOLDEN NIGHTでは見られないダンスが見られる。

宮野真守初の武道館ライブ!!!!!ツアーではなく単発のスペシャルライブだったので、全エネルギーをぶつけて挑んだだけあって最初から最後まで一瞬も見逃していい隙がない。このときはカメラが20台近くあったそうで、カメラワークと編集が神です。個人的には今までの全ライブ合わせてもTRAVELING!のカメラワークが一番良かったと思ってます。細かいですが、エンドロール後に少しだけバックステージ映像が入って宮野さんがステージにポップアップで現れる瞬間にタイトルロゴが出て終わる最後の演出がニクい(伝わらないと思うので見てください!!!)。あと、一緒に入っているアニバーサリーライブが何気にめちゃくちゃ良いです。宮野さんのライブを好きになったなら、どこかのタイミングでこの円盤は絶対見てほしい。

この円盤を見る前にBEGINNING!を見ておくと、この武道館公演がどれだけ彼とファンにとって特別だったか分かるので、余力があればBEGINNING!からTRAVELING!を見ることをおすすめします。

TRAVELING!ではアルバムに入っていたリミックスバージョンのGOLDEN NIGHTが披露されています。見どころはサビのダンスと映像美。宮野さんが腹チラ(全くもってチラレベルではない)をしだしたのもここからです。本人は「腹チラはシャインから」とおっしゃっていましたが、それよりも前にGOLDEN NIGHTに振り付けとして入っていたことで定着していったような印象です。

通常バージョンとは振り付けが少し違っていて、このリミックスバージョンではサビにダンスがあります。ここのダンスがめっちゃかっこいい…。これに優秀なカメラワークがつくので本当に最高です。

f:id:GOLDENNIGHT:20180625000757j:plain

「ここにいる僕以外を見つめないで 見ないで」安心しろ全員宮野さんしか見えてないから。

特に見てほしいのが、「Just only you」にいくまでの完璧にお膳立てされたカメラワークと編集。

f:id:GOLDENNIGHT:20180625000807j:plain

会場全体の画から入って

f:id:GOLDENNIGHT:20180625000818j:plain

そのステージに立っているのがこの男なんやでという背中を見せつつ

f:id:GOLDENNIGHT:20180625000834j:plain

f:id:GOLDENNIGHT:20180625000846j:plain

わざわざぼかしてから宮野さんを映す

f:id:GOLDENNIGHT:20180625000859j:plain

そして主役がアップになる

f:id:GOLDENNIGHT:20180625000910j:plain

そんな男が従えているダンサーの画をわざわざ入れて

f:id:GOLDENNIGHT:20180625000921j:plain

f:id:GOLDENNIGHT:20180625000930j:plain

そして待望のJust only you!!!!!!!!!!

静止画か?ってくらいひとつひとつの画がきれいに選ばれている…すごい…。

TRAVELING!はとにかく全体通して画がきれいです。惚れ惚れするくらい。GOLDEN NIGHTは画面の動きが結構激しいのですが、それでもきれいにまとまっているのはクリエイターさんの腕なんですかね。映像はサッパリなので詳しくは分かりませんが。

 

WAKENING!ではライブでの位置づけが決まって、安定感が感じられるようになった。

WAKENING!は、わたしが初めて参加させていただいたツアーです。個人的にWAKENING!の前半セトリがお気に入りの曲ばかりで大好きなのですが、それまでに見ないレベルで怒涛のダンスナンバーが続いたので見ていて少しハラハラした記憶があります。あと、会場ごとにバラードコーナーの1曲が違っていたのですが、成本さんの曲が大好きなわたしにとってはどれも嬉しい選曲ばかりで、作業するときには円盤のDISC2のバラードコーナーをよく流します。

余談ですが、大阪公演で誕生日をお祝いしてもらって「これからもみんなが誇れる『マモ』でいたいと思います」って涙をぽろぽろ流していた宮野さんが大好きだし愛しさが止まらない。とっても誇らしいですよ。

WAKENING!のGOLDEN NIGHTは冒頭3曲目でいきなり入ってくるんですが、それだけぶっ飛ばせる曲になったんだなあと感じられました。ファンもBEGINNING!とTRAVELING!でこの曲の楽しさをきっちり認識しているので、円盤に収録されているのはツアー初日ですが全くあやふやな感じがない完璧なコールと振りでした。元はシングルのカップリングでしかなかったのに、他の曲を押さえて定番曲になり得るところまでのぼりつめたGOLDEN NIGHTのすごさ。

 

AMAZING!のGOLDEN NIGHTはひたすらにエロい!!!!!これは艶っぽいとか色っぽいとかの表現じゃ生ぬるい、これはエロいぞ!!!!!南無阿弥陀仏

普段からあまり自分のことを手放しに褒めない宮野さんが「このかたちしかないって完璧に作り上げたライブ。久々に満足がいったライブだった」みたいなことを言っていただけあって、ライブでの演出を究極に極めたツアーだった………。

コンセプトを軸に、計算されたライブ演出やパフォーマンス方法・技術をふんだんに使って作り上げたショータイム。宮野真守というエンターテイメント。OP映像から1曲目に入るまでの演出が本当によく考えられていて、あれを見て興奮しない人なんていないと思います。見どころは「Magic」「NEW ORDER」「VOICE」などのステージ演出や映像演出と宮野真守の魅せ方が洗練されたパフォーマンス。宮野さんのライブを知らない人におすすめするなら、AMAZING!を最初のとっかかりとして見てもらいたい(けど、これを先に見てしまうとそれより前のライブ円盤で満足できなくなりそう)。

AMAZING!のGOLDEN NIGHTはとにかくエロいです。こちらもまた怒涛のダンスナンバーの間に披露されるんですが、このツアーの場合手持ちマイクなのでダンスをそんなに本格的にやってなかったのですが、合間の仕草がエロい…。

 

事件は「僕を呼んで虜にしたんだって」のところで起きます。

f:id:GOLDENNIGHT:20180625000959j:plain

胸をまさぐりはじめるマモルミヤノ……………

たしかにそういう振り付けだったけど、それ服の上で手を交差に動かす振りだったじゃない…どうしてそんなことしたの………(SUKI)

 

もうこれの破壊力がすごい。ここからはぜひ円盤で見てほしいんですが、

f:id:GOLDENNIGHT:20180625000947j:plain

散々雄っぱいをかき乱したあとに、肌の上に指でたどった汗の跡が残るんですよ………そして一瞬だけ見える乳首(重要)。

ここの表情がたまらんね。これだけのためにAMAZING!円盤買ってもいいくらいです。

 

茶目っ気たっぷりのミスリード、まさかのWアンコールでGOLDEN NIGHT (まさかそう来る!?!?!?!!?)

MAMORU MIYANO LIVE TOUR 2016 ~MIXING!~ [Blu-ray]

MAMORU MIYANO LIVE TOUR 2016 ~MIXING!~ [Blu-ray]

 

ーーーこんな宮野真守はいかがですか?

声優・歌手・役者……さまざまな肩書きを持った宮野さんが、表現者」としていろんな宮野真守の顔を魅せてくれるツアーでした。宮野さんの声に乗せて観客の声が乗る、幅広いジャンルで構成されたセットリスト、宮野さんが一人五役で演じたコント映像、宮野さんの楽曲において代表的なクリエイターのSTY大先生が手がけた曲のノンストップメドレーなどなど……いろんなところで「ごちゃまぜ」をテーマにしたライブです。

マモライは基本的にはアンコールは1回なのですが、毎回千秋楽公演だけはWアンコールまで応えてくれます。円盤にも収録されている横アリ公演は千秋楽公演で、このときもWアンコールでステージに戻ってきてくれたのですが、その最後の最後に歌ってくれたのがまさかオブまさかのGOLDEN NIGHTだったんですよねえ……(放心)。

しかもクリスマスが近かったので、頭にトナカイのかぶりものを被った宮野さん + ペンライトをクリスマスカラーの赤と緑にする観客 + 会場の「WアンコールはX'mas to youかな」という空気。からの〜〜〜!?!?
…………GOLDEN NIGHT〜〜〜〜〜!!!!!

絶対にアンコールにはしてもらえない曲だと思い込んでいたので、イントロが流れた瞬間に膝から崩れ落ちました。衝撃度はナンバーワンです。優勝。

MIXING!のGOLDEN NIGHTは、宮野さんがトロッコで会場を周回しながら歌います。その間、ダンサー6人はステージでお留守番なのですが、2番のAメロのダンスでいつも宮野さんが中心で囲まれるポジションを、ダンサー6人がじゃんけんで決めていたのが可愛すぎた(笑)

宮野さん初のベストアルバムにもこのGOLDEN NIGHTの映像が収録されています。アンコールにもなり得る曲、GOLDEN NIGHTのさらなる躍進が期待できた希望のツアーでした。………千秋楽行って良かったァァア〜〜〜!

 

 

以上、BEGINNING!からMIXING!までのGOLDEN NIGHTを個人的な趣味趣向でご紹介しました。新しいライブ円盤が発売されたら追記していくつもりなので、いつの間にか文章が増えているかもです。

これからもライブでいろいろな表情のGOLDEN NIGHTがたくさん発見できますように!

 

 

■更新履歴 

2018.6.25更新
画像使っていたのをすっかり忘れていたのでイラストに差し替えました。円盤はこのイラストの100万倍きれいなのでぜひ観てみてください。

2018.10.4 MIXING!加筆